FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
食について
2010年 09月 13日 (月) 15:16 | 編集
怖ーい夢をみた。。
その日は夕方に子供といつものスーパーに買いに行き、食べ物を探していた・・というより漁っていた。というのも、最近また食べ物に苦慮している。この2年ぐらいトンと普通に食べれなくなってしまった。ストレスでしょう・・と言われればそのとおりなんだけど、ちょっと違う感じもある・・というか、まさに違う。
まず、日中にあまり食べたくない。とったとしても水分、そして固形物は調理していないもの、しかも固いものに限る。
リンゴのおいしい季節は、リンゴ。他にナッツ類。オンリー
さすがにそれだけじゃ、ちょっとフラッとするので、チーズ、あとゆで卵。
そういうものを、用意しておき、いただきものの古伊万里の鉢に入れて、お腹がすくとつまむというスタンス。それを見たスタッフが「お供え物ですか?」と
う~ん、それもわかる。もしかしたら私はそういうものしか今食べれないのかもしれない。
もともと、結構食べ物にはこだわりがあり、たくさん食べるよりちょっとだけおいしいものを食べたいタイプで、いろんな料理を試して食べてみたいほう。夕食は子供と食べるのでまあ普通にいただくが、それでもよくありがちな、料理しているだけでもうお腹がふくれる感じもある。
もう少ししたらまたリンゴがおいしい時期になるけれど、今は不毛なので、他の食材を探すのに苦労しているわけ。
最近ちょっと目覚めだしたのはドライフルーツ。最近のヒットはドライトマト。
まあ、そんなわけで肉食系子供の母は、そういうものを漁っているわけ。

話は横にそれたけど、その日スーパーでフルーツ売り場を見たけど、やっぱり並んでるリンゴはどう見てもおいしくなさそうで。。その横にまさに売り出し中のキウイが袋に入れてあって、二種類ある。普通のキウイ10個入り、ゴールデンキウイ10個入り、ゴールデンのほうが、100円高い。ゴールデンだからか・・
子供に「どっちにする?」と聞くと、案の定「私食べない」と(酸っぱいものもダメみたいです)、ということは一人で食べきれないなと、まあ普通のキウイのほうをご購入。

その夜に見た夢。
そのスーパーから私が買わなかった方のゴールデンキウイがずらっと勢ぞろいして、私の家、寝室、ベッドにまで一列に行列している。まるでデモ隊のように。
明らかに抗議活動のようだ。怖い・・ごめんなさい。買わなくて。私が悪かったです。
翌朝子供にこの話をしようとすると、なぜか「もうキウイのことは話さないでほしい」と言われる。さては、あなたも何か見たね。


またうちの子は、コーンもダメである。大概のお子様はコーン好きかと思うが、徹底的に排除しようとする。お子様料理を外で注文すると、なぜかいつもパラっとコーンが上にかけてあるが、それもNGのようで、オーダーの時から親子して「コーン抜きで」と叫んでいるのに、コーンがやっぱりのってきちゃったりして、私が「まあ、いいじゃん、コーン取って後を食べれば・・」とかなんとか穏やかに場を収めようとするのだが、子供はもう本当に憎々しげにコーンを睨みつけていて、そんなことしても、もうこのお料理自体絶対食べませんから・・的になっていて、ウエイトレスさんはその勢いに、非常に申し訳ない状態に陥り「作り直してまいります」となる。(本当に作り直しているかは不明)
ヘンなの・・と思っていたら、最近スピリチュアルな食事関係の本を読んでいたら、「コーンは食べてはだめ」と書いてあった。まあほとんど遺伝子組み換えされているのが理由のようで。まあ私はそんな健康おたくじゃないんで、それでもたぶん私は食べちゃうだろうな・・と思っていて、たまたま子供のコーン嫌いをヒーラー仲間さんと話をしていたら、彼女が「どうしてコーンが嫌いなのか聞いてみて、絶対聞いてみて」とかなり強めに言う。え、単に嫌いなんじゃないの・・と思いつつ、改めて子供に聞いてみると、
「前に、一度食べてみた。すると皮がつぶれて、何かがプチュっと出てきたんだ。それが絶対食べちゃダメと言った」そうです。おいおい、お寿司屋さんで私が頼んだのどぐろのあぶったの、よそ見している間に全部食べておいて、のどぐろさんは何も言わないのかよ・・(それが言わないのです、実はこの手の魚は霊的にちょっと違う意味合いがあるので)

最近とにかく食べ物さんもいろいろ話しかけてきて、うーん、耳は傾けたいのだけど、ちょっと静かに食べさせて・・というのもある。

で、今日何食べる?
怖ーい夢をみた。。
その日は夕方に子供といつものスーパーに買いに行き、食べ物を探していた・・というより漁っていた。というのも、最近また食べ物に苦慮している。この2年ぐらいトンと普通に食べれなくなってしまった。ストレスでしょう・・と言われればそのとおりなんだけど、ちょっと違う感じもある・・というか、まさに違う。
まず、日中にあまり食べたくない。とったとしても水分、そして固形物は調理していないもの、しかも固いものに限る。
リンゴのおいしい季節は、リンゴ。他にナッツ類。オンリー
さすがにそれだけじゃ、ちょっとフラッとするので、チーズ、あとゆで卵。
そういうものを、用意しておき、いただきものの古伊万里の鉢に入れて、お腹がすくとつまむというスタンス。それを見たスタッフが「お供え物ですか?」と
う~ん、それもわかる。もしかしたら私はそういうものしか今食べれないのかもしれない。
もともと、結構食べ物にはこだわりがあり、たくさん食べるよりちょっとだけおいしいものを食べたいタイプで、いろんな料理を試して食べてみたいほう。夕食は子供と食べるのでまあ普通にいただくが、それでもよくありがちな、料理しているだけでもうお腹がふくれる感じもある。
もう少ししたらまたリンゴがおいしい時期になるけれど、今は不毛なので、他の食材を探すのに苦労しているわけ。
最近ちょっと目覚めだしたのはドライフルーツ。最近のヒットはドライトマト。
まあ、そんなわけで肉食系子供の母は、そういうものを漁っているわけ。

話は横にそれたけど、その日スーパーでフルーツ売り場を見たけど、やっぱり並んでるリンゴはどう見てもおいしくなさそうで。。その横にまさに売り出し中のキウイが袋に入れてあって、二種類ある。普通のキウイ10個入り、ゴールデンキウイ10個入り、ゴールデンのほうが、100円高い。ゴールデンだからか・・
子供に「どっちにする?」と聞くと、案の定「私食べない」と(酸っぱいものもダメみたいです)、ということは一人で食べきれないなと、まあ普通のキウイのほうをご購入。

その夜に見た夢。
そのスーパーから私が買わなかった方のゴールデンキウイがずらっと勢ぞろいして、私の家、寝室、ベッドにまで一列に行列している。まるでデモ隊のように。
明らかに抗議活動のようだ。怖い・・ごめんなさい。買わなくて。私が悪かったです。
翌朝子供にこの話をしようとすると、なぜか「もうキウイのことは話さないでほしい」と言われる。さては、あなたも何か見たね。


またうちの子は、コーンもダメである。大概のお子様はコーン好きかと思うが、徹底的に排除しようとする。お子様料理を外で注文すると、なぜかいつもパラっとコーンが上にかけてあるが、それもNGのようで、オーダーの時から親子して「コーン抜きで」と叫んでいるのに、コーンがやっぱりのってきちゃったりして、私が「まあ、いいじゃん、コーン取って後を食べれば・・」とかなんとか穏やかに場を収めようとするのだが、子供はもう本当に憎々しげにコーンを睨みつけていて、そんなことしても、もうこのお料理自体絶対食べませんから・・的になっていて、ウエイトレスさんはその勢いに、非常に申し訳ない状態に陥り「作り直してまいります」となる。(本当に作り直しているかは不明)
ヘンなの・・と思っていたら、最近スピリチュアルな食事関係の本を読んでいたら、「コーンは食べてはだめ」と書いてあった。まあほとんど遺伝子組み換えされているのが理由のようで。まあ私はそんな健康おたくじゃないんで、それでもたぶん私は食べちゃうだろうな・・と思っていて、たまたま子供のコーン嫌いをヒーラー仲間さんと話をしていたら、彼女が「どうしてコーンが嫌いなのか聞いてみて、絶対聞いてみて」とかなり強めに言う。え、単に嫌いなんじゃないの・・と思いつつ、改めて子供に聞いてみると、
「前に、一度食べてみた。すると皮がつぶれて、何かがプチュっと出てきたんだ。それが絶対食べちゃダメと言った」そうです。おいおい、お寿司屋さんで私が頼んだのどぐろのあぶったの、よそ見している間に全部食べておいて、のどぐろさんは何も言わないのかよ・・(それが言わないのです、実はこの手の魚は霊的にちょっと違う意味合いがあるので)

最近とにかく食べ物さんもいろいろ話しかけてきて、うーん、耳は傾けたいのだけど、ちょっと静かに食べさせて・・というのもある。

で、今日何食べる?
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...