FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
肉体改造第二弾
2010年 08月 20日 (金) 15:20 | 編集
 タイ古式マッサージの一種であるチネイザンを受けてきました。内臓ワークで、各種内臓に蓄積した感情がリリースされるので「全員泣くよ」と前もって脅かされていましたが、別の意味で泣きました~超痛かったんです。特に心臓と腎臓の領域が。残念ながら感情はリリースされず、痛みを感じた・・ああ私の臓器さん病んでいるのね。と気づきがあったぐらいで。
こういう内臓ワークは以前チベタンヒーリングをかなりしていたので、やっていましたが、その時のほうが泣けたかな。
いずれにしても、各内臓が固有の波動をもっていることは私はアグリーで、その解放に音や振動、波動を使うというのも納得なんです。
私はこういう手技はぜひとも臨床にとりいれるべきだと思っている。ガンの治療など、こういうワークなしには考えられないと。
ホメオパシーは確かにすばらしい治療法だが、音や振動も波動の一種で、同様に考えてます。

ところで、最近このようなワークにより体を意図的に変えるということとは別に、なんだか体が変わってきた感じがするんです。なんか宇宙人みたいな・なんか別の宇宙でもやっていけるように改造されつつあるような・・こんな感覚の人いてはると思う、今。
(マトリックスみたいに、体内に何かを知らぬ間に埋め込まれていないといいですが)
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...