FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
ーエゴのリフレクションー
2010年 08月 09日 (月) 09:17 | 編集
先日、またまたイヤな思いにあった。端的に言うとある高名なヒーラーに会いに行ったら、現地で、ドタキャンされたわけ。しかも、そのいいわけ、謝罪にまるで誠実さが見られず、本当に驚いた。NGならNGで、事前に電話する、メールするなど、いくでも手はあるはずだし、そういうことを一切せず、しかもその口実は大変嘘っぽいものであった。要は私と会うより、自分が有利だと思うようなことを直前にとり、私のほうは断るという選択をとったのはミエミエだった。
 私は自分の体の80%以上スピリチュアルなものでできていて、あとの20%ぐらいしか他のものがないくらい、スピ人間だと思うし、いつもそのバランスをとるのに非常に苦労しているのだが、さすがにこの時は、まるでスピを理解してくれない方の言う「だって、スピってなんか無責任やん、お告げみたいなこと言うだけで・・」という言葉が私の中にエコーした。なぜなら、このヒーラーが、こういうドタキャンというようなことをしても、「今日は会う日ではなかった」とか「会う準備ができてなかった」(でも、その日、その時間を指定してきたのはその人)みたいな言い訳を言うのがよくわかったから。
 
 まだ腹立ち収まらない私だが、今回非常に勉強になったな~とも思っている。私の知っているヒーラーさんたちは、非常に謙虚で誠実で、人間らしい人が多い。どうヒーリングの力が高くても、謙虚さ、誠実さといった人間としてのベースがないところに、なんのヒーリングか?なんでもかんでも「エネルギーが・・」とか「ハイヤーセルフが・・」とか、スピ逃げしてて、どう具現化するのか?人間なんだから人間としてちゃんとつきあえよ・・と。
あ・・これは私自身に言うているのよ・・ちなみに。

 このヒーラーが、前に何かのセミナーの講師で非常に遅刻してきたらしい。あまりの遅刻だったので、さすがにマネージャーが「どうして遅れたのか?」と聞くと、「生徒の中に今日学ぶべき人じゃない人がいたから・・」と。実際、業を煮やしてか、その人は帰ってしまったらしく、帰った後、大先生登場だったよう。この話を後で聞いて、同じことを思った。あのね~そう思うなら、そういうことも見えるんなら、なんで、当人に前もって言わないの?そりゃもめるかもしれんけども。残りの生徒も皆つきあい、結局「先生すご~い」みたいなことにする意味がどこにあるの?こういう自閉症的コミュニケーション法に非常に自分自身反省すべきことがあると、本当反面教師でした!!
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...