FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
一部新聞報道について
2010年 07月 14日 (水) 16:33 | 編集
昨日、クラシカルホメオパシークリニックのWEBサイトのお知らせに、下記のように載せました~
一応こちらでも紹介しておきますね。


一部新聞報道について

先日、下記リンク先のような報道がございました。
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100709-OYT1T00173.htm

※この記事に記載されている、助産師が所属する団体と当院は一切関係ございません。
当院は、現代医学の安全なベースに基づいて治療を行っています。

「人体における絶対必須な物質、ホルモンなどは、もし完全に欠乏していたら、それを補充するしか手段はございません。そのホルモンがなくなっても、なんとか生きることができる、たとえば更年期における女性ホルモンの減少などは、ホメオパシーなどでバランスをとれるものですが、ある臓器が欠乏しているなどの理由でその物質がゼロとなり、人体を維持できない場合は、当然その物質の補充が必要です。ホメオパシーは自己治癒力をあげることができますが、「なくなったものを補うものではない」ということが、私の行うホメオパシー臨床、学習の医学基本です。」

以上が、院長:渡辺奈津の考えです。
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...