FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
 「私に相談してみなよ」
2009年 01月 30日 (金) 19:25 | 編集
平成20年11月20日
 「私に相談してみなよ」

 私は元来、ずっと何かを考えている派の人である。今目の前のことと別の何かを。たいていは仕事のことで、それが深まってくると、ぶつぶつ独り言を言うことも少なくない。
先日も、タクシーの中で、子供がさかんにアニメの話をしてきたが、例によって私は自分の中にはいりこんでいて、あいまいな返事しかできなかった。すると、子供が「あ、何かまた考えてるでしょう、私に相談してみなよ」とか言うのである。まあ、ませたことを言うな、と思いながら、本当に相談してみた。
「ママね、なんだかずっと英語でセミナーを聞いたり、患者さんが英語でしゃべってるのを聞いてるんだけど、やっぱり英語だと、言葉として理解しようとしちゃってるんだよねえ、なんかその人の本当の気持ちとかエネルギーを感じるところまでいってない感じなんだよね」
娘「ああ、わかる感じする」(ほんまかいな)
私「で、どうすればいいのかなあ?もっと勉強しないといけないのかな、でも英語勉強するっていうのもちょっと違う気がするんだよね」
娘「そうだね、ママ英語しゃべってるジャン」
「あ、いいこと考えたよ、ママ外国人になればいいじゃん。」
私「え??どういうこと」
娘「だから、外国人みたいになっちゃうんだよ。まったくの、服も髪の毛も。そうだ、ハーフになるんだよ、ママがいつも『きれいだね』っていう」

という会話があり、「いったい、うちの子は何を言うやら」という感じで、その会話は終わってしまった。しかし娘が車から降りた後、一人彼女の言葉をかみしめると、「そのとおりだ」と思った。金髪になることでも、青いコンタクトをつけることでもなく、その人と波長合わせをすることがもっと大事なんだと思った。英語はあまり話せなくても、書けなくてもコミュニケーションの上手な人はいる、「ハロー」とか言って外人と笑い合ってるから「何を話していたの?」と聞いても、「わからんけど話をしていた」という人はたくさんいる。
しかも、ある程度話せる私と話していた時より、その外人はなんだか楽しそうなのである。
まったく同調することでも、自らを失うことでもなく、波長を感じるということが大事なのだと思った日であった。

また相談してみたいと思います。娘に。
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...