補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画少女
2012年 03月 17日 (土) 08:57 | 編集
 子供がスキーでいないので、あいた時間映画を見た。子供とは見れないデイープなものとかマニアックなものとか、ナイトとか・・そういえば、中学生で映画にめざめたころ、プガジャもって、一日じゅう映画見放題みたいなので映画5本見て、帰ってテレビで深夜映画二本みたあと、飲み物探しにこっそり冷蔵庫をあけたら、母親と鉢合わせして「え!あんた何その目!」と
すごい充血してたみたい。一日7本見たので・・さすがに。

 前衛ダンス映画見たあと、ピラミッドの謎とかの映画になって、まわりを見ると見るからにオタッキーな学研の雑誌ムーを愛読してそうなキャップ帽をかぶった中年男性が3人ぐらいしかいない。なんかやばい感じで始まる。ドキュメント風タッチで、旧態依然とした考古学者に対する明らかな敵意、反発心がミエミエで、どういう方向にもっていきたいかがミエミエで、そういうの私あんまり好きでないので、ちょっと気楽にみるかなと、途中ビールなど買いに出たりして、ちょっとい眠っちゃったりもして、映画は終わった。

 帰りの電車でふと思いついて、ちょっと酔っていたのが覚醒。2011年はピラミッドにはまり、ピラミッド作り、ピラミッドの王の部屋に人間の松果体があたるように位置するミニピラミッドを同じ比率で作り、どうのこうの実験など手掛けていたのが、2012年になり、なんかそんなこと実験しなくても、みな知ってる当然の知識なんじゃないの、そんな結果出す必要あるのか・・と思っていたのが、なんか頭をガンと叩かれた気分。
 昔、海にガラス瓶の中に手紙詰めて投げ込んだりしましたよね。遠いどこかの岸辺にそれがたどり着くことを予想して。それは日本のどこかかもしれないし、異国かもしれない・・もしかしたら大きくなった自分や、子どもが拾うかもしれないなんて想像しながら。それとはまた別に小学校の頃校庭に埋めたタイムカプセル。20歳の時、掘り起こしに来いと言われ、いけなかったら友人が持ってきてくれた私のブツ。木彫りで「何事にも努力」と自分で彫ってある。(超はずかしい~)
 でも、自分が海辺で拾ったガラス瓶の中のメッセージが、未来の自分からのものだったら?と思ったことある?私の木彫りの標語も、過去の自分がそれを掲げて今日にむけて頑張ってきたように普通頭は考えるけれど(実際はすっかり忘れていたが)、もしかしたら今の私が「そうアレ!」と規定したことなのかもしれない・・など。
過去ー現実ー未来 というような時間の構図、因果関係がガラっと崩れる体験をした。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。