補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 すごく驚いたけど全然驚いていない話
2012年 03月 05日 (月) 21:20 | 編集


 一昨年ぐらいから「ヒーリングとはなんぞや?」と今までのホメオパシーとの兼ね合いも含めて、ワールドワイドに学んできた。「すごいらしい」と聞けば本当に地の果てまでも・・のいつもの勢いで。その学びはまた今後シェアしたいなと思っているけど、今年になって、「もうこれで学ぶのはしばらくやめにしよう。今は実践の時」との思いが強くなり、最後に受けたあるヒーリングがある。
 しかし、申し込んで当日が近づくが、なんとなく現実感希薄で、「これは、私がこれに関して情熱が少なくなってるのか」(申し込んだときがピークで、その後スケジュール的にてんぱってきて、もう当日にはすでに疲れ果てているっていうことはよくあるんで)「それとも、このセミナー本当にあるのかな?当日講師が来れないとか?」みたいなヘンな感じで、普段そんな用意周到なことはしないのだが、数日前に「本当にありますよね」とか確かめの電話を事務局に入れたりした。「当然ありますよ」と言われ、その当日・・
 初めてお会いする外人講師は、相当ご高齢で歩くも、話すも、聞くも不自由なご様子で、ちょっと驚いたが、私以外の人は去年同じ講師のセミナーを受けているらしい常連の感じで、そういう講師を労わっている雰囲気があるので、私も同調することとした。しかし翌日朝、セミナー開始時間になっても講師は現れない。事務局が探すと、部屋で寝込んでいるとのこと。かなり遅れて会場に来られるが、すごい蒼白な顔で震えが止まらず、どう見てもご病気。しかし無理してセミナーを続行しようとする講師、どうしていいかわからず続行する通訳、これまたどうしていいかわからない参加者。何度も講師が倒れそうになり、さすがに耐えられなくなった私が「あの、どう見ても無理なんじゃないですか?休まれて、今後どうするか事務局で話し合われたらどうですか?」と発言。しかし、「いや大丈夫だ、やるんだ」と言う講師。「講師の言うことにレスペクトを払ってください」と叫ぶ通訳さん。「はあ」と黙る私。 そしてその10分後に「早めのランチにします」と言われ、倒れそうになりながら退室され、やはり昼から彼は現れることはなかった。かわりに事務局がフォローしてその日は終わり。セミナーは翌日もあり、私は事務局に「明日は無理でしょう。ご高齢であのようになられたら、すぐには復活しませんし、無理をすると彼の体に悪いですから」と言うも、「いや、彼の今晩の調子いかんで」と言われ、その夜「彼の熱が下がったので明日は予定通りやります」と。翌日彼は現れたが、私の遠くからのみたてによると、熱がアップダウンしていて、今ちょっと解熱してるだけで、全体としては昨日より調子悪そうと感じる。やはり、始まって一時間ほどで彼は震えがとまらなくなる。そしてまわりのアドバイスも耳に入れず、「大丈夫だ」と崩れそうになりながら・・最後は事務局の人に無理やり担がれて退場。セミナー中止。
 ヒーラーや講師が病気になってはいけないということじゃなくて、傍目に体調不良で無理・・な状況を認めようとせず、間違った責任感で頑固な態度。なんら決断力をもたない事務局。
 「先生が倒れて救急車で運ばれはったんで、ママ早く今日帰るわ」と子供にメールすると返事がきた「でしょ」とだけ書かれていた。 驚く状況だとは思うけど、全然驚いていないので不思議だ。こうなるとわかっていた気がする。もう外に学びに行くのをやめるのとシンクロした感じ。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。