補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
古神道のワークショップお知らせ
2012年 03月 02日 (金) 08:53 | 編集
 私も学んでいます古神道のやかべ先生のワークショップをご紹介します。体も心も浄化した状態をいかにして保つか、それがすべてにおいてのカギだと思います。
そのためのひとつの学びです。

神代文字ワークショップ~基礎編
● 日時 4月25日(水)13:00~15:30
● 場所 わたなべ皮フ科・形成外科 2F
● 講師 矢加部幸彦
● 参加費 1万円(神代文字本格編受講済みの方は8千円)
● お申込先 yakabe195★hotmail.com  (★を@に変換してお送りください)

この日の本の国は、「言霊の幸ふ国」と称えられてきました。
言霊は、神と人を繋ぐ息吹であり、また、神の想いが現れたものともいえます。
言霊は宇宙の響きそのものであり、そしてそれは創造の力であり、祈りそのものでもあります。
この言霊の息吹、つまりは神の波動がそのまま発現し形象化したものが¨神代文字¨です。
このワークショップでは、天地運行、宇宙の叡智、神の波動を凝縮した、
正神界直伝の神字を書写し、その習得によって正神界との気線をさらに結び、
守護の存在との繋がりを強化していきます。

また、神字日文(かんなひふみ)を書写し、 その波動によって古いエネルギーを浄化解放
(禊ぎ)して、 清々しい天晴れたる気持ちで、新たな年を過ごしてまいりましょう。。

● 主な内容

★神字書写の伝(秘儀)
  神授かりの秘法
   観想の法
★神字日文(大和三輪伝)の書写
★神伝の神字の書写
★神字の力を発現させる
  開眼修法(秘法)の伝授
   
この開眼修法は、クリスタルへのエネルギー注入など、他のものにも応用できます。。
 
*各自書写しました神字は、清め包みにてお持ち帰りいただきます。

神字を常時携帯することにより、 正神界からの気線と常に深く繋がることになり、
ハイヤーセルフからのメッセージを受け取りやすくなります。

また、サイキックアタックから身を守ることにもつながります。
とても強力なWSであり、 古神道の神髄なる世界を身近に体感するものと思います☆

*当日ご用意いただくもの
 *黒の筆ペン 中字 ※墨液使用のものに限ります。(化学顔料使用のものは効力の面から使用できません)
「呉竹筆ペン中字22号」 525円 がお勧めです
当日ご用意出来ない方は、数本用意していますのでご安心下さい。

*****************************************************************************************************
神代文字ワークショップ(本格編)

 ● 日時 4月26日(木)10:30~16:30
 ● 場所 わたなべ皮フ科・形成外科 2F
 ● 講師 矢加部幸彦
 ● 参加費 1万5千円(基礎編受講済みの方は、1万3千円)
 ● お申込先 yakabe195★hotmail.com  (★を@に変換してお送りください)
 ● 内容

この日の本の国は、「言霊の幸ふ国」と 称えられて きました。

言霊は、神と人を繋ぐ息吹であり、 また、神の想いが現れたものともいえます。
 言霊は宇宙の響きそのものであり、そしてそれは創造の力であり、祈りそのものでもあります。

この言霊の息吹、つまりは神の波動が そのまま発現し形象化したものが ¨神代文字¨です。

このワークショップでは、天地運行,宇宙の叡智、神の波動を 凝縮した、正神界直伝の神字を 書写し、その習得によって正神界との 気線をさらに結び、
守護の存在との繋がりを強化していきます。

ー神代文字WS 本格編ー
古神道に於ける、最も重秘とされる神字(霊図)をお伝えします。。

この霊符の根源とされる型霊(かただま)は、イザナギの大神が、天の御柱を立て
給うた時に、 宇宙(根源)より受け取った とされるものです。

それを書写し、各自修法を行うことにより宇宙の根源と霊線が結ばれ、その叡智と
 神秘に共振し、自らの霊性がさらに開眼していきます。

また、その波動は、三次元的には百邪を退け、福寿を増し、寿命長久、子孫繁栄
をもたらすといわれ、その応験は絶大なものとされています。

・神字(真字)の伝授と書写 五つの型霊を伝授)
・修法の伝授
・各自修法(ワーク)
・各自穢れなきよう清め包みにてお持ち帰りいただきます。
 (常時携帯することにより、その応験をいつでも得ることができます)

 朱の筆ペンと黒墨の筆ペンをご用意下さい。 (化学塗料のものは不可。くれ竹の筆ペンなど、墨使用のもの)
 ご用意出来ない場合は、何本か用意していますのでご安心下さい。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。