補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10年ぶりの大風邪
2012年 01月 30日 (月) 14:01 | 編集
10年ぶりの大風邪をひいた。

前はボンベイで・・今回はタイ。高熱、悪寒、全身の痛みで二日間うなったが、まあ二日ですんだようだ。自分でレメディー作って飲んだりしてたからか。
 タイにでる前日朝から、なんか起きるのが辛くて、おかしいなと思ってたんだけど、昼から新しい整体みたいな先生のところに行くことになっていて、そこで「ああこういう体はもう一旦壊します」と言われ、もう尋常でなく痛かった。言い方はNHKのお料理番組の先生が「まず人参を切ります」みたいな淡々とした言い方だった・・

もうその帰り道から、全身の震え、寒い・・ホッカイロを張って、寝たままハイヤーを待ち、なんとか飛行機に。飲まず食わずで寝まくり、到着しても同じ状態で、やっと先程よみがえる。

その先生はいろいろいいこと言ってくれたのだけど、もう痛すぎたのと、その後のプロセスが強烈過ぎて今頭に残っているのは、
「体は過去です」という言葉だ。
物質と波動の関係を考えたら理解できるが、体を非常にリアルなものと考えていた私はだいぶ考え込んでしまった。
そうだよな・・体は過去の想念からできた殻みたいなもんで、脱皮すればいいわけだ・・と妙な理解を。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。