補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大天使ミカエル
2012年 01月 25日 (水) 08:47 | 編集
目に見えない世界を見える世界にわかるようにするって大変だけど自分のミッションなんかな~とずっと考えてきた。
パリのモンサンミシェルに行く朝、実はもういつもギリギリの状態で現地に行くもんだから、事前にどこで何をするかっていうのはセミナーとか仕事関係のこと以外はほとんど頭にはいっていない。「フリータイムどうしますか?」と言われて「適当にオプショナルツアーみたいなん申し込んでおいて」と言ったら、モンサンミシェルで、チラッとみたらなんか要塞みたいなとこやな・・と。

朝バスに乗り「ママちょっと体劇疲れてるみたいやから、到着まで寝ます」みたいにガン寝してて、どこに何しに行くのか全然わかってなかった。でも朦朧とする頭で、「なあ、なんか大天使ミカエルが来てるんやけど、何やろう」そんな会話して到着して、やっとモンサンミシェルがフランス語の聖ミカエルなことがわかる。
到着して、太陽の光が十字架となり降り注ぐ・・
子供に「わー、ミカエルさん来てはるわ~」と塔みたいなところから天を仰ぐ。

やばい、ほかの日本人たちも、私たちのまわりに来て「どこ・どこ?」って言い出した。見えへんのですか?この光の十字架が。
これが大天使ミカエルでしょ・・不思議な顔、ヘンな親子をみる顔をして立ち去られた私たち・・
メープルシロップクレープを食べながらバスに戻る・・

なんか私最近、目に見えない世界を無理やり見えるようにしてもらわんでもいい気がすごくしてきた。そんなことどうでもいいんです。
私にとって光の十字架がミカエルさんなんは真実で、そのことを別にわかってもらわんでも・・

その後イタリアに移動し、一日だけフリータイムがあり、また観光に予定されていたのがサンミケーレというところで、これもまたイタリア語の大天使ミカエルだった・・
めちゃミカエル旅だった・・私あんまり天使とか、そんなにご縁はなかったんやけどねえ。ご時節がらそんなことにも。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。