FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
カウンセリングとホメオパシー
2008年 03月 08日 (土) 13:51 | 編集
先日、関西の心身医学会でホメオパシーの発表をさせていただいた。

ホメオパシーを学び、臨床する前はかなり心理療法の勉強、実践にはまっていたので、当時の勉強仲間、懐かしい先生方と再会しました。まあ、私はそこからホメオパシーのほうへズンズン行って、今回その成果、効果度をシェアしたくての参加でした。

「ホメオパシー治療はその問診の段階で、かなりカウンセリング的な要素が強いと思うが、問診だけして終わるのと、やはりその後レメデイーを飲んでもらうのと、やはり効果が違いますか?」とご質問を受けました。
そうなんです。

ホメオパシーの問診は、カウンセリングではありません。その時間内にカウンセリング効果をもたらすためには設定されていません。しかし、問診が深まり、ホメオパス側がその方に合うレメデイーを見つけれるぐらいにお話が進むと、結果としてカウンセリング的効果が患者さんの中に起こります。
そして波動の薬であるレメデイーをとることにより、より効果を強め永続させます。

心理の世界に足を踏み入れるのはひさしぶりでしたが、楽しかったです。
スポンサーサイト



トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...