補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
浅草放浪記NO.2(今回で終わりですけど)
2012年 01月 13日 (金) 15:28 | 編集

いやあ去年はオタッキーな日々を過ごした。
屋久杉を買ってトリチュレーションしたり、年末には満月トリチュレーションっていうのもやったな。極めつけは「粘菌の育成日記」だろうか。いやあ~粘菌はすごいよ。粘菌育ててました。実は。あと、酵素作りにもはまったな。
子供に嫌がられてねえ。「今度なんかするときは、相談してからにしてね」と言われています。

酵素飲まされたりするし、ちょっと留守にするとき、「粘菌、酵素お願いね、あの子ら命預けてますから」とか私に言われちゃうからね。

まあ、ちょっと漬物みたいに混ぜたり空気の調節するだけなんだけど。
今年は、「こんなオタッキーじゃいかん。きちんと臨床に生かさねば」と決意も新たに、浅草周辺でキネシオロジーの進化バージョンみたいなの講習受けてみた。というか、何年か前から、私は自分自身のキネシオもオーリングも使えなくなっちゃってるから。頭を真っ白にしようとは思うんだけど、自分で自在に動かせちゃうみたいなのね。だからプレーンな結果がでないわけ。自律神経が狂っちゃってるともいえるね。だから、こういうのいったいどうなん?!的な疑問をずっともってて、「オーリングってちゃんと結果出ますか?」的な質問はずっとしてきたんだけど、「水飲めばいいんだ」みたいなこと言われても、全然変わらなくって・・てな感じで。
実際行ってみて、「ああ、もう自分がわかっちゃう筋肉じゃだめなんだ」「私の意識でわかる筋肉は嘘をついちゃうんだね」ってことはわかって、それ以外のところはまだちょっといけるみたい・・

慢性病の人って、自律神経が狂って「病気コミコミでOKの自分」というバランスをとっちゃってるわけだから、オーリングがそのまま信じれるっていうのは、ちょっとやっぱりお気楽な話だったよね・・とか思いつつ帰宅。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。