補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
疥癬
2010年 12月 19日 (日) 21:09 | 編集
今、介護関係の施設で結構疥癬が流行している。そのため、結構往診で大忙しだ。診察するだけでなく、その対処法なども指導してっていうことになる。施設さんも大変だろうなと。まあ、たぶんただでさえギリギリのスタッフでやりくりしているところに、この騒ぎで、対応しきれるのか、こういう流行もん独特のパニックもあるし。

先日疥癬の内服の薬の会社のMRさんが訪問にきて、パンフをおいていった。飲むだけで、虫もいつかなくなるわけだから、あらゆる意味で、すごく強烈だと言えよう。そのパンフで、薬の効能の説明をしている大病院の大先生が、面白いこと言うんですよ・・とMRさんが。
「私は一度疥癬になったからならないんよ」
「疥癬は、ならないと思ったらならない」

思わず、笑みが出る。そういうこと、大先生が経験して言うんだ~~(まあ、本当にそうだったら、この薬の宣伝に一役買うのってどうなのかわからないけども)
感染症を突き詰めると、経験すると、こういう言葉が出るのは私には本当にうなずける。しかし、その先生も立場上、こういった薬を処方しないといけないんだろうね。
患者さんに「ならないと思ったらならないんだよ」と言うわけにもいかず
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。