FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パワースポット出雲大社へ
2010年 11月 08日 (月) 16:03 | 編集
 別にパワースポット巡りをしているつもりはないんです。今回、単に温泉でゆっくりするつもりで・・でも結局こういうところに足を踏み入れてしまう。お伊勢さんにも行ったし、もうそんな各地のパワースポットたくさん回る必要性をすごく感じてはいないんだけど、「火を使う」「火のエネルギーを使いこなす」「十分四大元素のエネルギーを体得する」ことを、どうも今しなきゃいけないみたいで、ああ、それで出雲大社なのね・・と納得。
 三種の神器も、納得。瞑想すると必ず出てくるアイテムだったのだけど、それらの本当の意味が納得した感じ。縁結びって、男女の縁だけのことじゃなくって、生きる、そのもののことなんですよね。
 博物館、結構皆力を入れてて、古代衣装コーナーとか、着替えて写真とりましたよ~私は天平美人みたいな、子供はおじゃる丸みたいな・・ すると、なんか出雲大社を頭に乗せたようなユルキャラが・・立ってるのもやっとなんです的に近付いてきて。名前忘れちゃいました、ゴメン、イズモクン?違う? せっかく名刺もらったのに。 また男女神ペアみたいな着ぐるみさんもいて、なんと握手してもらっちゃいました。なんとお柔らかい手・・ 神の手・・そりゃ着ぐるみだからフワフワなんですが。
 その後、玉造温泉へ。  私はうん十年前倉敷で仕事をしていて、月に一度玉造の病院に診察に。たしか「やくも」という電車に乗って・・ノスタルジックな感じだった。真冬なんか、駅から病院までの道がひざ丈ぐらいまで雪が積もっていて、「なんなん、これ」と思いながら、もう埋もれながら病院に到着するも、案の定その日は患者さんゼロ。病院常勤の先生が「よく来なさったね~」と、医局で熱いお茶を入れてくださった思い出が・・しかし、当時と雰囲気がずいぶん違う。パワースポットブームだか、ギャルブームだか、ずいぶん「縁結びの里」的キャンペーンが。 
 帰り道ずっと、子供と神談義、というか日本神話談義。「どうも腑に落ちん話があるねん」と子供が・・
「いや、あの神様って、人間チックだから、そう思ってないと」
「いや、それでも納得できひん」
「何の話?」
「イザナギ、イザナミ」
「イザナミが死んで、おいかけていったんはイザナギでしょ。恋する妻が、今度は醜いからといって、逃げたり、挙句の果てに、追いかけてこれないように巨岩を置いたり、ひどすぎるやん。ほんで結局イザナミどうなったん?」
「さあ、黄泉の国に帰ったんだと思うよ」

う~ん。やっぱり、あなたも、これにひっかかったか・・私も正直腑に落ちん。しかも、その後、イザナギ「けがれを落とす」とか言って、身を清め、その際にアマテラス、ツクヨミ、スサノオノミコトなど産んでるし。確かにね。
「ママもイザナギ悪いと思うわ」と、神の悪口を言ったりする。   続く
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。