FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
チネイザン講習を終えて。
2010年 11月 02日 (火) 15:23 | 編集
昨日でひととおりのチネイザン講習終わる。ほっとするやら、さびしいやら。

続けて6回通ったので、もう内臓にたまった感情でまくり・・で、結構ヘビーな日々だった。経験してみて、言えるのは「これは早いよ、ネガティブな感情をリリースするのに・・」ってことですね。ホメオパシーにおける、内から外への法則、過去のまきもどし現象が促進される。
ただ、何のサポートもなしに、ただ感情のリリース。。その説明、納得もなしで・・というのは、やはり相当辛かろうと思う。きちんとしたセラピストにかかる必要があると思いましたね。

あと、内臓をある意味刺激すると、感情の解毒も起こるけども、肉体的にも起こるので、リンパや経絡のつまりのある人は、そういうこともきちっと流してもらう必要があると。さもないと、一時的に他のところに不調が出ることも。

 私の場合、「とんでもない寂しさ、心もとなさ」を心臓の奥深い処にもっていて、結構がんばりやさんが、そういうのに直面しないようにしていたみたいで、この奥深い感情が出てきたときは、もう本当に雑踏の街中、たった一人立ちつくし、一瞬にして、周りの雑音が全部消えてしまったような。 でも、それも「そうです、私は寂しんですよ」と受け入れると、すんなり「普通の寂しさ」レベルまでに戻っていった感じ。 そのあと、面白い気付きがあった。 実はある人との関係性、距離感が心地よくなくて、何度かはっきり相手に言っていたのだけど、まあ、いいから的対応をされ続け、子供も巻き込んで・・の状態になってきて、子供も「あの人とのことになると、ママすごくイライラしてる」と指摘されることに。もうこれ以上、きっぱり言うということは、シャッターを閉じるようなことをせざるをえず、そうした場合の相手の心の痛みなどを考えてしまい、躊躇していた。しかし、チネイザンの後半で、ある朝急に、「私自身確かに自分が関係性を結びたいと思っている相手からシャットアウトされるのは本当に傷つく(傷ついたことあります)、でもその傷つきは私のものであり、私は、自分がこのようなことで傷つくということを認め、受け入れる、私は自分のすべての感情に責任をもつ」という文章が頭に浮かんだ。すると、その相手が傷つくだろうであろう感情は、相手のものであり、そのことは一切自分と関係ないことに気付いた。

 私は白衣を着た状態以外で、人と関係性を結ぶのは上手ではなく、ノーと言えない症候群みたいなところもあり、しんどくなると白衣を着てしまうみたいなところがあったが、他人の感情と自分の感情がごっちゃになって、自分の中で混沌としていたことに気付いた。

 内臓にたまった感情のリリースとは、単にカタルシスですっきりするということだけではなく、ちゃんと普通に感情を感じること、そしてそれは扱い得るものであるということ、その感情に責任をもつということであると、気付いた今日この頃である。   

また会おうプイコさん
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...