FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
デトックス中
2010年 10月 24日 (日) 01:11 | 編集
満月の夜に・・
魂を取り戻すワーク受けました。でも、その前からチネイザンやってて、「たまっていた毒素、臓器に宿るネガティブなものが出ますよ」と脅かされるというか、期待させられるというか、そういう状態だったんですが。もう満月の夜、超きてしまいました。

チネイザンの最中に、もうやばいな・・と思ってたんです。腎臓、大腸あたりの施術中に、腰が痛くなり(これはちょっと持病)、その感覚にフォーカスしていると、妙に心細い感じになってきたんです。なんだか、子供のころの心細さというか、そこにはかすかに怒りの感じもあり・・そして急に体が冷えてきて。あわててホットパックしてなんとか、腰痛だけはマシになったけど。
翌日も、この心細さは続き、イメージでいうと「子供が膝を抱えて座り、さびしいな~面白くないな~心細いな」という感じで、そこには「見捨てられた怒り」みたいなのか微妙にミックス。すると昼ごろから心臓から横隔膜にかけて、突然突き上げる感覚、これはホメオパシーにおけるloganeacea familyのショックというようなものに似てて、「失恋ショック」みたいな感じで、帰宅すると家族全員惨殺されているのを見た・・とか、大惨事に出くわした・・みたいなぐらいの、息が止まるようなフリーズ感で、思い当たることはないこともないけど、なんなんだ?この体感・・と
辛い。 ホメオパシーにおける、過去の状態、感情の巻き戻し現象みたいなのが起こってる。大丈夫なんか、とちょっと不安。だって、明日は講演会でディスカッションがあり、こんな気持ちでは意見が食い違っても「あなたがそう思うなら、それでいいんじゃない」などとふてくされてしまいそうだ。

魂を取り戻すワークは、それとは別に、満月だから・・ということで(あまり私には意味不明)予約していたんだけど、なんだかやたら行きたくない。しかもタイトなスケジュールの私にはめずらしくアポの一時間も前に駅に着いてしまい、することがない。空虚な気持ちのまま、街を彷徨う。なんだか、この感じは学生の頃あった。学校にも行かず、ただ街を彷徨う。自分が何をしたいのかわからなくて・・・心の中、お腹の中にぽっかりと穴があいていて、そこを風がふいてる。なんとか、約束の時間に辿りつく。ワーク中なんだか愛とかそんな言葉をたくさん聞いた気がするが、もう決定的に拒否している。もう全身全霊で拒否。「愛?そんな言葉私知りません」的に。辛い・・優しくしてくれてるのに、愛してくれてるのに、サポートもらってるのに・・
全然受け入れてないよ。

現在まさにデトックス中。
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...