補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人はいったい何を見ているのだろう
2010年 10月 24日 (日) 00:58 | 編集
10月22日、街を歩いていたら急に老婦人に抱きつかれた。「まあ、なんてきれいな色」と言って。彼女は私の来ていたスカイブルーのTシャツをほめてくれたらしい。「ありがとう」と言うと、「そうですよね、先生」と言う。
どう見ても痴呆症の方だが、先生と言われて、「え?私の職業わかってるの?」と、驚く。
少しして、おうちの方が追いかけて来られて「すみません」と。
そして、もしかして「皮膚科の先生ですか?」と
おうちの方はまあ見おぼえがある。

老婦人は何度も何度も「素敵だわ~」「先生」などと言う。私が「さようなら」と言うと「さようなら、また会う日まで」と歌を歌い出す。
そうですね、また会う日まで。

人はいったい何を見ているのだろう、そして私は何を見ているのだろう。

先日、渋谷のオープンカフェでビールを飲んでいた。ハロウィンもどきのパーティー帰りで、そこはシャンバラとか言って、なんでもありの会で、私もフェイスペイントしてもらい、してくださった方は「水の女神誕生」とか言ってくださっていた。ああ、そういえば、その時もターコイズブルーのドレス着てたっけ。パーティーの喧騒がつらくなり、出てちょっとビール飲んでいたら、隣の方が「すみません、サインください」と
え??何の??
一瞬いろんなことが頭をよぎる。「健康第一、わたなべ皮フ科・形成外科、院長」とか書けばよいのか??「ホメオパス?」「は?」何を求められてるわけ?一体私誰?
「えっと、何を書けば?」と尋ねると、なんと、「ダンサーですよね」と。
え、ダンサーですか?ダンサーと言えばダンサーなんですけども、え?
人間違いなのか、私に似た誰かと。それともエネルギー的ダンサーを指しているのか?
意味不明なまま、コースターにサインする。どういうわけか、「ありがとう」と言う相手。

目の前の子供に「??」とサインを送る。平然としてる娘。「何なん?あれ一体?」と聞くと、「そういうことやろう」という返事。
人は相手にいろんなことを投影する。こちらはまるでダイアモンドのカッティングのように、それを反射して返すしかない。そこに私の意思はない。ただ、光を反射するだけで。
違和感がないと言えば嘘になる。しかし今は光を信じようと思う。
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。