FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
旭山動物園 : レメディ勉強の宝庫
2008年 01月 08日 (火) 15:00 | 編集
年末に子供と旭山動物園、そしてスキーへ行って参りました。この何年か盆と正月はずっとうちで開催のディネシュ・チャウハン(彼の紹介はこちら)のセミナーをやっていましたので、こういう時間を全くもたなかったため、ひさしぶりの時間でした。

旭山動物園はウワサにたがわず、人と動物に優しい動物園でした。動物を見るのは大好きなので、子供より自分が動物園に行ったりしたいほうなのですが、檻の中の、小汚くなってしまった、ストレス気味の動物を見るのは辛いものがあります。
宇宙を皆でシェアしているだけですので、ちょっとその行動を見せていただけるだけでいいので、相手にできるだけ苦痛を与えたくないですよね。楽しそうにざぶざぶ泳ぐ白熊さんも、人を気にせずゴロゴロしているトラも、リラックスしていてよかったですよ。

動物からとったレメディを理解するには、動物の生態を理解する必要があります。マテリアメデイカや教科書にしがみついているより、何を食べ、どこでどのように生き、ペアになり、子供を作り、なわばりがあったり、群れになったり、そのサバイバルなどを知ることが大事だと思います。アニマルプラネットやデイスカバリーチャンネルは本当に役立つツールになります。

たとえば「ヘビからとったレメディ」などと言うと一般的には何か怖いかのようなネガテイブなイメージがありますが、動物としてのへビそのものには「よい」も「悪い」もない、自然の一構成員にすぎません。そこにはただ美しさだけがあります。
ホメオパシーをやってから、動物図鑑など集めるようになった私です。
スポンサーサイト



Comment
この記事へのコメント
共感します
旭山動物園は、レメディ研究の宝庫だったんですね!
アニマルキングダムのレメディをまだまだ理解しておらず、去年訪れたときには、ただひたすら、動物の観察だけで終わってしまいました☆

地球をシェアするあらゆる種に敬意を払い、その全体像を理解することが、ホメオパシー医学ならば、それを理解することのできる人間として生まれてきたこと自体が喜びにつながると思いました。

さて、先日東京で開催していただいたラジャンサンカランのセミナーも本当にためになりました。有り難うございました。

サンカラン氏の人柄が表れているのでしょうか、患者さんや自然に対する理解や観察力ががとても楽しくてワクワクしました。

ホメオパシーのセッションでクライアントとともに気付きを得て、治癒に向かう手伝いができるのならば、こんなに素晴しい仕事はないとつくづく思いました。

もちろん、症状や健康のレベルの違いは見極め、ホメオパシーだけに偏るのではなく、患者さん主体の医学がベストです。今回は、具体的にホメオパシーが患者さんにどんなに貢献できるかを学ぶことができ、本当にためになる授業でした!

また都合の合うときには必ず参加したいです。みなさまのますますのご活躍楽しみにしています☆
2008/ 01/ 22 (火) 00: 05: 26 | URL | SHINOBU # -[ 編集 ]
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...