FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
波動というもの、科学的なもの
2013年 03月 20日 (水) 11:20 | 編集
科学的にしっかりと証明できない症状を呈すると、何かほかの視点からそれを解明しようと人はするから、波動測定の機械とか、オーリングを使ってみるとか、そういう目に見えない系のことをしてみる。
すると
「あなたの慢性疲労の原因はヘルペスです」とか
「あなたの腰痛の原因はEBウイルスです」とか、そういう診断になることが結構ある。
でも、科学的にこれは証明されるものではない、採血しようが、CTとろうが、体を逆さにしようが何もでてこない。しかし、その人からはウイルス固有の波動が現れている。
実際、それに対応する治療を波動的、またはサプリメントなどを使いすると、症状がよくなることも多い。しかし、こういうことを科学的な現場で口にするのは怪しいのではないかという気持ちもあった。

 先日腰回りの不可思議な痛みで来られた方がいて、その動きは左右変化したり、さまざまな痛みの質を呈していた。こういう方は本来ホメオパシー治療むきだと思うのだが、保険治療で来られた。皮膚には何の症状も出ていない。帯状疱疹という疑いもあるが、皮膚に症状がないし、左右またがって動く??摩訶不思議なり。とりあえず内臓の異常ではないか検査してきてもらうことにした。しかし、検査しても何もなかったし、症状も消失しないとまた相談に来られた。ご本人は帯状疱疹の可能性を最後の希望の綱にされているようで、誤診でもいいので、一度ヘルペスの治療をしてほしいと。典型的なヘルペスではないけども、ヘルペス治療で頭痛が治ったというケースも症例としてはあるので、了承して、試してみた・・・ら、治った。

こういう場合、本当に現存するヘルペスウイルスの仕業で抗ヘルペス薬が効いたのか、ヘルペスウイルスの波動のみもっていて、それに「ヘルペスと見立てた治療をします」という枠組みの波動が効いたのか、非常に悩ましいと思ったりしている。
スポンサーサイト



風邪をひいて・
2013年 03月 20日 (水) 11:06 | 編集
風邪をひいちまったよ~「背中がゾクゾク寒いのは邪気がでているのです・・」って聞いたりしてて、「そうなんだ~どんどん出てね!」とか思ってたら、本当に風邪でした。風邪ももちろん邪気ですけど。出て行ってないし。内にこもってるし。
それでも用事で外に出ようとすると、玄関のすぐ前に、なぜかミニチーズがお供えのように積まれている。誰なん? なに? 新手のストーカー? 私ネズミちゃうし。
テイッシュで洟をかみながら、ドイツ語の波動関係の話を聞く。 電磁波が・・とかジオパシックストレスが・・とか。いやあ、でももっとすごいのは人間の想念の波動やなとか心の中でつぶやく。
花粉症という想念
黄砂という想念
中国からとんでくる物資という想念
風邪という想念
人の集合的な意識がまたそれらをどんどん強めていく。  
Paul Schmidt no
2013年 03月 20日 (水) 10:54 | 編集
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...