FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
人間はおかしな生き物
2012年 01月 13日 (金) 15:34 | 編集
人間はおかしな生き物だなと再確認する今日この頃

先日子どもとハイデガーのネコの実験の話をしてたら、私が熱意をもってたのはパラレルリアリティーであり、子どもが焦点合わせてたのは「量子物理学のことは、私には当たり前で(11歳なのに?)それよりどうしてネコが実験なんだ?動物虐待や」ということだった。

別の日、ファミリーコンステレーション研究会で、ある方が「船舶関係お願いします」とのことで、その方と船舶関係の関係性とかみてたんだけど、あとで伺うと、「占い師に船舶関係の方とご縁がある」と言われたから・・とのこと、そういえば私も占星術の人にそんなこと言われたことあるわ・・と話が盛り上がったんだけれど、彼女は同じようなこと言われて「すわ船舶王の玉のこし・・」と思ったらしい。私にそう言った占星術師は実はセドナの人で、彼女の占い師とは全く別人なんだけど、私は「え?鳥羽一郎みたいな人?どう私と縁があるんだろう?ありえないな」と思ったということ。同じようなこと言われてオナシスを思う人、鳥羽一郎を思う人・・まあ、それにしても世界中占い界ではマドロスさんばやりなんかしら。

ついさっきも、私がイタリアでファミリーコンステレーションの変形版あったよ・・みたいな話をしていたら、ある人は「それは臨床で使えそうで超エキサイティングだ!」とのことで、遅れてきた方に「どう思う?」と聞いたら、その方は「それより、イタリアのことを「鶴橋にちょっと行ってきた」みたいに言う、ウンマニに驚くわ」と言われ(あ、私の別名ウンマニです)
人って全然違うところにヒットするんやな~って

そんな違いはあるんだけど、今日のお昼の皆のもちよりは、偶然みななぜかお好み焼きを買ってきていた。そして私は、ちょっと胃腸が疲れてて、リンゴでいいや・・って感じでかじっていたんだけど、実は朝から子供に「今日はお好み焼きにしてね」と固く約束させられていた・・
こんなシンクロはあるのに、なんで人って違うんやろうね。でもそこが面白いね。
スポンサーサイト



近頃の小学校5年生
2012年 01月 13日 (金) 15:29 | 編集
まあ私も子供も忙しいので、一緒にじっくり話をする時間って、結構貴重。
朝子供を学校に送る時間もその一つ。
ある朝、子どもがため息をついている
「どうしたん?」
「う~ん、日本のゲイの%ってどれくらいと思う?」
「そんなん知らんよ。朝っぱらからそんなことで頭使ってるわけ?」
「そう、インターネットでも調べたんだけど」
・・・そのあと、ずっとゲイ、ホモセクシャルについての討論が続く・・

また別の朝、いきなりきっぱり言い放たれる
「やっぱりね、ママ、天才は奥さんが大事なんだよ」
「どういうこと?」
「ママの好きな南方熊楠だっけ?偉いのは奥さんのふみえさんだよ」
「あんた、ふみえさんって、そんな友達みたいに言うけど・・」
「レオナルドダビンチも・・」
「え、奥さんいた?ゲイ疑惑あったと思うけど、彼には・・」
「あ、やっぱ、ゲイっすか」
と、また話はゲイに戻る


近頃の小学校5年生は、そういうことに興味があるみたいです。
浅草放浪記NO.2(今回で終わりですけど)
2012年 01月 13日 (金) 15:28 | 編集

いやあ去年はオタッキーな日々を過ごした。
屋久杉を買ってトリチュレーションしたり、年末には満月トリチュレーションっていうのもやったな。極めつけは「粘菌の育成日記」だろうか。いやあ~粘菌はすごいよ。粘菌育ててました。実は。あと、酵素作りにもはまったな。
子供に嫌がられてねえ。「今度なんかするときは、相談してからにしてね」と言われています。

酵素飲まされたりするし、ちょっと留守にするとき、「粘菌、酵素お願いね、あの子ら命預けてますから」とか私に言われちゃうからね。

まあ、ちょっと漬物みたいに混ぜたり空気の調節するだけなんだけど。
今年は、「こんなオタッキーじゃいかん。きちんと臨床に生かさねば」と決意も新たに、浅草周辺でキネシオロジーの進化バージョンみたいなの講習受けてみた。というか、何年か前から、私は自分自身のキネシオもオーリングも使えなくなっちゃってるから。頭を真っ白にしようとは思うんだけど、自分で自在に動かせちゃうみたいなのね。だからプレーンな結果がでないわけ。自律神経が狂っちゃってるともいえるね。だから、こういうのいったいどうなん?!的な疑問をずっともってて、「オーリングってちゃんと結果出ますか?」的な質問はずっとしてきたんだけど、「水飲めばいいんだ」みたいなこと言われても、全然変わらなくって・・てな感じで。
実際行ってみて、「ああ、もう自分がわかっちゃう筋肉じゃだめなんだ」「私の意識でわかる筋肉は嘘をついちゃうんだね」ってことはわかって、それ以外のところはまだちょっといけるみたい・・

慢性病の人って、自律神経が狂って「病気コミコミでOKの自分」というバランスをとっちゃってるわけだから、オーリングがそのまま信じれるっていうのは、ちょっとやっぱりお気楽な話だったよね・・とか思いつつ帰宅。
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...