補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
冷え込んできましたね&鍼
2010年 10月 31日 (日) 01:58 | 編集
 子供が電気毛布を出してくれというので、一応出したけど、私はこんな電磁波にくるまれて寝たくないので、
「じゃあ、あっちで寝てね」と言ったのに、朝になったらなぜか、その毛布にくるまれた子供が横にいる。しかも器用に寝ながらパジャマだけを脱いでる。抜け殻パジャマ。
昨夜は近所の鍼灸の先生と会食。先生とは不思議なご縁で、実は私の妊娠中東京の鍼灸の勉強会の講師をしてはった。彼は、H会という有名な鍼灸の会の方で、この会は針を刺す数がすごく少ない、正統派の気を扱うところで、もうめっちゃ熱い。その会の講師をされていて、私と名字も同じ、実は先生の診療所もうちから徒歩3分ということがわかり、びっくり。そんなご近所さんに名医が~ということで、その後、H会に通ったり、先生から直伝で少し研修を受けたりしていた。 H会の大先生は、自称「鍼灸会のキムタク」らしく、かなりかっこよい。そしてその熱さはやけどしそうであった。この会に出入りしているとき、私はずっと自分の中で自問自答していた。「治療者、治療を極めるということは狂うということなのか?」「要するに狂わんと、いい治療者にはなれんわけ?」
「なんとかバカみたいに・」
 確かに、鍼一本で重症の病まで治そうという勢いは、そうでもないとできないだろう。これがダメならあれがあるわ・・みたいな、スタンスでいると、どのメソッドも浅いままに終わってしまう可能性がある。しかし、他の方法を一切否定するのは危険で、勉強不足に陥る可能性もある。集中して、ひとつに打ち込む時期と、ちょっとまわりを見渡す時期と、そういうのが交互に訪れるのが理想的な気がする。
 鍼灸の先生とはひさしぶりで、大先生がますますご活躍で、熱く檄を飛ばしてはるとのこと、彼のブログが医療系で一番人気ということで、ちらっと見てみたら「狂人」と書いてあった。やっぱり、ずっとまだ狂人やってはんたんやわ。自分も相当狂人というか変人とは思うが、まあそれなら貫き通すしかないと思う。激しい人生にはなるけど。帰宅して、ぼ~と、診察室のPCの前に座っていたら、私が院長室に今飾っているのが、なぜか弘法大師空海のお姿と、チェゲバラの写真。なんという取り合わせ。見た人は意味不明だろうな。。自分でも意味不明だな。と遠のく意識で考える。(最近この状態、半目あけたまましばし寝てしまうことが多い)そういえばお二人とも革命家やな・・と、そんなんが好きなんやね、私。
 
スポンサーサイト
女の激怒
2010年 10月 31日 (日) 01:53 | 編集
 昨夜プイコ母先生とチネイザンレッスン。
お腹を触っていると、なんかもう人のお腹もみ瞑想状態になって、他の人のお腹なんだか、その人の呼吸か自分の呼吸か、その人のお腹のグル音か自分のか、もうわかんなくなって、ただお餅をこねてるような気分になってくる。不思議だ・・先生曰くそれでよいようだが。内臓に蓄積するネガティブな感情がリリースされていくと、お腹がペロンとむき身みたいなお腹になってくる。雪見大福みたい、とでもいおうか。

 プイコ母と雑談。女性っていきなり、超マジギレすることあるよね、男性のなんか不用意な言動に対し。なんか怒りすさまじく、男性全面否定ぐらいにアグレッシブになっちゃって・・「だから男性はダメなんだ!」「だから、男性は暴力的なんだ!」みたいに。。引き金を引いた男性は、そこまでのつもりはまるでなく、ちょっと冗談みたいな感じだったんで、「え、そんな」と、もうこちらの剣幕にアワアワ・・・
そういうのも見えてるわけだけど、なんだか、怒りのおさめ方がわからず、男性のアワアワ状態も情けなく思い、火に油状態。
 そんなときって、絶対自分じゃなくなってるよねって、ウンウンわかる・・と。なんか虐げられた女性の集合意識みたいなんが乗り移っちゃってるよね・・と、笑う。
 
ちゃんと女性性を発揮できないゆえ、逆切れアグレッシブって、最近の女性のパターンのひとつかな?そんなこと最近うちでやった女神瞑想でもやったな。
月とハロウィン
2010年 10月 31日 (日) 01:48 | 編集
28日夜もプイコさんとこへ、子供は同行しなかったので、プイコさん不審げ。
「せっかくベビーシッターしてあげようと思ったのにさ」みたいな感じ。何度も私の周りをウロウロして「今日こないのあの子?」と。

かわいすぎるぜ。

最近は秋深まり、ちょっと寂しい気持ちです。体の声を聞くと、そう申しております~でも、ずっと以前の時折おしよせる、慟哭に近いどうしようもない深~いブラックホールみたいなんとはちょっと違い、「彼氏欲しいな」的な(あつかましいわ!)、ケーキのモンブランみたいな(どんな?)感じで、ちょっとは前より状態いいんかな・・・と
今朝も子供が学校へ行く前の車中で「秋だね~もう、タイ焼きの季節だね~」とか言う。
「そうなん?年中やってるんじゃないん?」
「いや、屋台が出るんだよ」
「ああ、あそこのね・・でも、最近のタイ焼きなんか、グニャグニャやん。あれ好かんわ。ママはカリカリ、クリスピータイプが好き」
みたいな、しょうもない会話を・・・ちなみに今日はハロウィンとかで、彼女の今日のコスチュームは小悪魔ちゃんです。グッズは外国のハロウィン準備用品屋さんと、渋谷のドンキーで購入。メークも今日バッチリ、小悪魔メークに。朝は車だからいいけど、そのメークで、帰り電車に乗らないように・・

今、内臓にたまる感情リリース月なんで、まあいろいろでてきて、腹たったり、さびしかったり、昨夜なんか、
「私は全部騙されてるのかもしれん」みたいな不信がでてきて。。。これも誰がどう・・とか、そんな軽いもんじゃなく、「今日本政府とか言ってるけど、あれフリーメイソンの手下ちゃうか」とか、「お金の紙幣は、全部実は偽札で」とか、意味不明の疑いで・・(でも、あたってるかも)そんなもん内臓にためちゃって、まあ大変なこと、私も。

今夜は私も会合のパーティーです。今日はスーツです。親子揃って仮装の日。
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。