FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
スーツ
2010年 10月 08日 (金) 17:31 | 編集
私はスーツっていうのが、どうも嫌い。
若いころにリクルートスーツみたいなものを着た経験もあるが(といっても職業柄そんなには着ないでよい・・というか白衣は百難隠すんで)
体系に合わないみたいだし、まだ18歳なのに「お母さんじゃなくてご本人を」とか言われて、そこまで老けて見えるか・・とショックで。

しかし、このところ会合で
「先生スーツ持ってないの?」
「お金ないの?」みたいなことまで言われ、お金はないが、とりあえずいわゆるスーツっていうのを着ないとダメなわけね。。スーツ着たらいいのね。。みたいな感じで。
ついには「一緒にスーツを買いに行きましょう」というお話になり。

とにかく一着購入することにする。しかし、私が気に行ったのはやはり、薄手のヒラヒラした生地で、胸元があいているもので。。ほら店員さんもお似合いだと言うてはる。「でも、同行してくれた先生は、これはお気に召さないと思う」としょげる私。結局スーツらしいスーツを購入。これでどうだ・・的に。

「人間というものは見た目が肝心」と先生は教えてくれる。私も中身で勝負だと言いきる自信もないし、おっしゃることはその通りだと思う。まあ、スーツを着てもいい。
しかし、なんでこんな抵抗感があるのか自問自答してみると、「もうこれ以上ペルソナを作りたくない」という心の声が聞こえる。多重人格キャラが増えることを懸念しているようだ。
スーツというペルソナと自己一致しているのなら、その方は問題がないだろうけど、きっと私はスーツを脱いだ後で、切り刻んだようなジーンズ、タンクトップを着たくなる。自分が呼吸できるように。
ホメオパシー心身医学会総会  at 八尾
2010年 10月 08日 (金) 17:29 | 編集
年に一回の総会、最初、日韓合同で京都でやるつもりであったが、韓国側の状況などで延期になったので、「ごめん、近場でやらせて」的に、八尾で。。。
市民講座的なものもやれるといいなとは思っていたが、今のホメ情勢では、まず内側でもう少しコンセンサス煮詰めようよ的な流れで。

H教授の心身医学概論、山形のT先生は精神科領域におけるボンベイメソッドの展開、そして私はホメオパシーだけに限らず、新しい医療パラダイムについての話をさせてもらった。
結局、私は魔女みたいな話になってしまったけれど。因縁因果経というお教も持参してましたし~みなさんこれ面白いのでご一読ください。宗教という観点ではなく、ボンベイメソッドの源(ソース)という観点で読むと本当に面白いのです。これ読むと「俺ってオウムかも」とか「私もしかして犬?」みたいな感じが。
今、ツールやテクニックとしてのホメオパシーを論じるのではなく、医療、治療、健康、疾患という概念から大きく問い直す時なのだと私は思っているので、こういう話になってしまう。
終わって、理事同士でお茶をする。先ほどの魔女談義の続きとなり、「結局こういう人って治る?」みたいな、治療の限界の話になり、「うーん、治らないと思う」
「悪魔側についてしまったから」
「この人治すと他の人が病気になるから」
みたいな、たぶん他の人が聞いたら何言ってるんだろう的な会話なのだが、臨床をしていると、そうとしか解釈できないことにぶちあたる。

理事会を重ねた結果、今後ホメ心身医学会はホメオパシーを中心には置くが、もっと広義の自己治癒力を促進するメソッドを研究する会として仕切り直しをすることになり、なんだか安心した気持である。

終わって、梅田でお寿司をいただく。タレと白焼きに塩の二種類のアナゴがふっくらして美味でした。
ファッションショー
2010年 10月 02日 (土) 17:37 | 編集
土曜日、診察が終わり
行きつけのブティックのファッションショーに。 
もう本当、義理です。そこで買った服を着ておしゃれして来てくださいとのことで、モデルさんのお洋服で気に行ったものにチェックする、ゴルフの時のスコア票みたいなものとペンを渡される。
「これ、なんかゴルフのんみたいなやね」と言うと、担当の方が
「でも、一応うちのは鉛筆じゃなくペンです」とか
もっともらしくシャンパンも振る舞われる。

う~ん、きれいなんだけども、こんなモデルさんが着てる服、私みたいな普通体系の人がそのまま着るサイズでもないし、デザインでもないし。こんな服着て町歩いていたらおかしいよ・・
モデルさんスタイルいいけど、腕に湿疹が・・とか、妙なことをチェックする。習性です。
もう、しょうがないので、お値段的にも手の届く、サングラスだけ「購入希望」ということにしておいて、退散する。

その後、東京からH教授がお見えになるので、一緒にイタリアンをいただく。ここは結構お気に入りである。前菜ものが特においしい(というか私のお腹ではメインとかパスタはもうきつい)カルパッチョとか、そういうもんが好きです。
子供もここで合流。最初、先生と二人でワインとシャンパンを楽しむつもりだったが(先生は相当通である)、子供が「ズルイ!」と言い張るので、お行儀にしておくことを約束して。
彼女は相変わらず、生ハム、梅ビーフ・・誰にもシェアせずたいらげ、「ちょっと脂っこかったわ」だって。そりゃそうやろ。
もうちもネコ好きなので、ネコ先生の話題で盛り上がる。ネコの写メール交換とか。私も子供もH先生が大好きだ。私なんかと違って本当にしっかりと列記とした教授でありますが、なんというか素晴らしい人間性がにじみ出ていて・・私なんかのぶっとんだ話もニコニコ聞いてくれて、そのあと「だからこうなんだよね」とふうに現実的な話に落とし込んでくださる。
明日のホメオパシー心身医学会のために大阪までおいでくださったのだが、帰りにうちのクリニックのピンクの象さんのキャラを見て先生の目はきらっと光る。この話後日談あり・・
9月16日
2010年 10月 02日 (土) 17:35 | 編集
この日は忘れられない日になるだろう。
人生最大のショッキングな出来事だった。大概ドラマみたいな人生を送っていると人にも言われるし、自分では望んでいないのにジェットコースターのような日々に疲れている。
もう若くないのだろう。少しぐらい昨日と同じなことがあってもいいように思う。昨日の普通は、もう今日の普通ではなくなっている。
手につかんでいると思っていたものも、いつの間にか海辺の砂のように手からこぼれている。
そうすると、また別のものをつかむ余裕が出るとは頭ではわかっている。しかし、前に手に入れていたと思っているものの感触はまだ残っていて、私はまだそれにお別れさえ告げていない。

しかし、この日経験したものは喪失感ではない。「こんなものすごい形の愛があるのか?」という衝撃だった。それは地獄絵図の中に愛を見出すような。どこを探してもそんなものは見つからないところに、実は隠れているような。
愛しているから人を殺さずにいられなかった・・ぐらいの。


朝からずっとヒーリングの訓練中で、その時から「もっと高次元の愛を学ぶ必要がある」というレッスンが降りてきていた。神の愛とかスピリチュアルな愛とか、そういったものを包括し、より高次元という感じで、まだそれは経験したことがないから説明することもできないような・・その矢先のできごとで。

その後、なんだか見ている風景のフレームが変わったような感じで、フワフワしていた。夜は今度阪大アートエリアB1で10月22日に講演をするので、そのことで教授や、運営委員の方と打ち合わせ。比較的フリートークで、臨床を教えるというものではなく、哲学論議なので、その切り口が私には楽しい・・というかリラックスする。今はやりのオープンカフェシステムなので、参加者とのやりとりが活発になると面白くもあるし、まあとんでもない方向に行く可能性もあるわね。中之島でやるよ~
終わってから、教授と紹介してくれたIさんとビールをガブガブ飲む。 教授とお会いするのはこれで二度目だが、一度目でどうも私の男性不信を見抜かれたようで、もう酔ってごまかすしかない感じ。サクっと飲んで、さっさと帰る。  すごく長い一日だった。
渡辺奈津 セミナー
2010年 10月 01日 (金) 19:30 | 編集
渡辺奈津 セミナー

中之島哲学コレージュ/セミナー
「人が病み、治るとはどういうことか—ホメオパシーにおける生命観」
http://artarea-b1.jp/schedule.html#201010

ホメオパシーを題材にして、現代医学が解明しない、人が生まれ、成長し、
死んでいくプロセスや、ある人がなぜ病気になるのかという哲学的な問題について話し合います。

日時:2010年10月22日 19:00~21:00【定員50名】当日先着順
※参加費は無料です ※開場・受付は各回開始30分前からです。

場所:京阪電車 なにわ橋駅 地下1階コンコース
   アートエリアB1(ビーワン)http://artarea-b1.jp/access.html
    *車いすでお越しの場合は、あらかじめアートエリアB1までご連絡いただきますよう、お願いいたします。

【お問い合わせ】
中之島哲学コレージュ
college_info*cafephilo.jp
(送信の際に*を@に変換し送信して下さい)

今月の「直傳靈氣セミナー」
2010年 10月 01日 (金) 19:12 | 編集
●10/10(日)16:00〜19:00 (前期1)
●10/11(祝・月)12:00〜18:00 (前期2・3)

マーブルハーモニーにて2日間で開催します。

ご希望の方はこちらまで!
【E-mail】 marble.harmony@gmail.com
【TEL】 090-9629-5494

ヒーリング~お手当て~
2010年 10月 01日 (金) 14:12 | 編集
ヒーリング~お手当て~10月スケジュール
●場所:わたなべ皮フ科・形成外科1F

●日程:10/6(水)・10/20(水)・10/29(金)
●時間:10:00~17:00頃を予定しています。
※予約制となっております。

●施術料(すべて税込価格です。)
  ・お試し体験:20分-3,150円
  ・通常セッション:60分-10,500円
  ・ロングセッション:90分-15,750円
※施術後に1Fクラシカルホメオパシークリニックにてお支払い頂きます。

●セラピスト:PARLON&MIYUNAご夫妻

☆お問い合わせ、お申し込みは、072-926-7554:スタッフ太田まで。

copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...