補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DAVIDが亡くなった。
2010年 09月 17日 (金) 16:13 | 編集
あまりの悲しみに喪に服しているような気持ちでここ数日過ごしている。彼の調子がよくないことは聞いていたが、先日患者さん診察中に、突然そのメールがはいり、一瞬時が止まってしまった。患者さんの合間、合間に涙をふく。

彼は天才だった。コンピューターテクノロジーとホメオパシーの架け橋をし、近代ホメオパシーの進化成長は彼の作るマック・レパートリーなくしてはありえなかったと思う。会うといつもいつも、大変ポジティブな人で、私があることでへこんでいると、ボクだったら、そういうことは戦わずに捨てる・・それは時間の無駄だから。しかし、そこで得たものを使い、より次に何をできるかに熱中する・・と教えてくれた。彼のアドバイスで東欧まである人に会いにいったことも。
一度、八尾のクリニックにプチセミナーをしに来てくれた。彼はマック・レパートリーという最高のホメコンピューターレパートリーの創始者であるだけでなく、ホメオパシー講義も大変素晴らしかった。conifer familyについての講義であったが、非常にエソテリックな分野まで網羅した深い内容で感銘を受けた。
アウトドアが好きで、乗馬やカヤックの話をよくしていたもんだ。

海外のどのセミナーに行っても必ず彼は最低一日はそこにいて、ハーイ、ナツと声をかけてくれた。その彼はもういない。  

彼の冥福を祈りたい
スポンサーサイト
医療ルネッサンス
2010年 09月 13日 (月) 15:30 | 編集
今日は、医療ルネッサンスについて、現状フィールドワーク日。
なんだか毎日忙しい。

とある会場を二件はしごする。ちょっと前癒しフェアなるものに二か所行ったが、会場というより、ブースの中を回っていて、激しい頭痛と気分の悪さに退散したことがあり、ちょっと今回も恐怖はあった。癒しとか言うけど、もう現世利益の欲の渦。売る方も、何かを買ったり受ける方も・・そういうのが狭い処でひしめきあっているのは、アンチ癒し以外の何物でもなかった。少なくとも私には。。だいたいあんな公衆の面前の騒がしい処で、手を当てられたり、占われたりして、本当に心地よいのか??一件目はそういうのと違うと思って行っただけに、会場で物販がものすごいのにちょっと引く。
しかし、講演は私の大好きな出口光先生・・・・(うーん、プリンスですう)うっとりと聞き惚れて、まあお昼には会場を後に。
午前に、なんと私の住む八尾の故甲田先生の絶食療法の映画が上映され、ちょっと驚く。だって、到着前に不食の時代に関したブログ書いたばかりだったから・・

またまた余談だけど、一度子供に聞いたことがある。「あんた、肉しか食べないけど、ママ、野菜も食べなさいって言うけど、他の人ほどあんまりうるさく言わないでしょ。不思議に思ってなかった?」そうなんです。一応私も親としていろいろ注意はしているんです。
「野菜食べんとブスになるで」ぐらいまでの脅しはしています。そして、私よりもっと他のサポートしてくださる方々のほうが彼女に厳しく注意してくださっていると。
一度お世話になった沖縄の鍼灸師の先生は、相当厳しく言われたみたいで「また沖縄においでって言ってくださってるよ」と子供に聞いても、「・・・」と返事をしなかったぐらい。(理由は野菜を食べないといけなかったらしく・・ごめんSさん)
私がそこまではうるさく言わない理由は二つある。一つは私自身の子供時代のトラウマにあり、私は幼少期のころ逆にお肉が全然食べれず、親に強引に口に入れられ、のみこむまで見張られ、口を手で封じられたことがある。その時の肉の味のまずさ、脂が口に広がる感じ、のど越しの気分悪さは筆舌に尽くしがたい。飢餓体験もひどいだろうが、強引に飲食を強要されるのも虐待のひとつだと思う。それゆえ、注意するにとどまるということにしている。
もうひとつは、直感的に、この人は(あ、子供のことです)ある時期から自発的に逆にベジタリアンに転じ、その後逆に肉食しなくなるという勘がある。実際私自身今までの人生総じてベジ派だけれど、肉は食べれたり食べれなくなったりを繰り返している。まあ、体づくりの今は肉を食べていてもヨシとしているわけ。そのうち、一切れの肉で十分、ごちそうさまでした・・となる時期が来る。

話は戻り甲田療法。私は、甲田先生のところに通ったことはないが、先生の本は読み、見よう見まねで実践してみたこともある。いい方法だと思うが(自己治癒力を上げるという方針のものなら私は大賛成である)、誰でもできるものではないと思う。実際ドロップアウトする人、逆にとんでもない方向に行ってしまう人もいるのを目の当たりにしている。生前の甲田先生は、私が言うのもなんだけど、本当に風変わりな方だった。あれだけ変わった治療法(一般の現代医学からしたら)のカリスマ的存在でありながら、きちんと八尾の医師会に出席なさっていた。その時、あまりのガリガリの痩せ様、そして靴下をズボンの上にひっぱってはいておられるのもちょっと目が点になった。じっとまっすぐ前を向いておられて、何か現世と違うものを見ておられるようだった。治療メソッドは私とは違うけれど、本当の治療に命をかけられた本当に尊敬する方である。ご冥福をお祈りしたい。

二件目は、本当に久しぶりのトラパ学会で、明治大学まで。対談を聞く。だいたい思っていること、水面下に起こっていることの感知に関して私と相違ないことを確認はするが、こちらは学術的とらえ方で、ちょっと具現化に弱い印象を抱いた。それは、会場に集まる人数に比例すると言おうか。私には非常に慣れたムードであるが、そうであるほど、これは学者のマスターベーションになってしまう危惧を抱く。論じているだけでは何も変わらない。
最後に、もう帰ろうかなと思っていたら、なんだかトラパのセッションを受けて人生が変わった的なプロではないアマチュアというか、患者さんというか、そういう方の自己体験みたいな話になり、最初何が言いたいかあんまりわからず腰を浮かせかけていたが、だんだん引き込まれ、最後まで聞く。正直本日の講演で一番リアルだったのは彼である。トラパのいいところというか本髄は、もちろん個を超えることであるから、彼の体験は我々の体験でもある。講演者も聴衆も隔たりはない。だからこそ、しめの講演が彼であったのだろう。
今日の朝の会から通して、そしてたぶん私自身も、何か講演をするとき、講義をするとき、そしてオフィシャルにものを言う時、常に自分の立場からものを言っているのであり、私自身から言っているのとはちょっとだけ違う。少なくとも今日の最後の彼は、できるだけ彼自身から発そうとしていたように思う。

彼の話の中に、人生、生きるとは、ふと気づいたら飛行機の操縦かんの前に座らされているようなもので、もう焦りまくって、なんとか操縦しなくちゃ・・てことで、アレコレして・・窓から他の飛行機飛んでいるのを見て「ああ、ああすればいいのか」とか真似してみたり・・それでなんとか操縦して落下を防いでいるけど、実際自分がなんでこの飛行機操縦しているのか、はたまた操縦したいのかもわからないものである。操縦しないと死んでしまうのか手を離してみたこともない。
実際それに気付き、手を離してみて、やっと自分が本当に何がしたいかわかる・・そのうえでやはり操縦したかった時、今度は本当にクリエイティブに操縦を始める。
私はまだガタボロの飛行機の操縦かんを必死になり握りしめている口である。
食について
2010年 09月 13日 (月) 15:16 | 編集
怖ーい夢をみた。。
その日は夕方に子供といつものスーパーに買いに行き、食べ物を探していた・・というより漁っていた。というのも、最近また食べ物に苦慮している。この2年ぐらいトンと普通に食べれなくなってしまった。ストレスでしょう・・と言われればそのとおりなんだけど、ちょっと違う感じもある・・というか、まさに違う。
まず、日中にあまり食べたくない。とったとしても水分、そして固形物は調理していないもの、しかも固いものに限る。
リンゴのおいしい季節は、リンゴ。他にナッツ類。オンリー
さすがにそれだけじゃ、ちょっとフラッとするので、チーズ、あとゆで卵。
そういうものを、用意しておき、いただきものの古伊万里の鉢に入れて、お腹がすくとつまむというスタンス。それを見たスタッフが「お供え物ですか?」と
う~ん、それもわかる。もしかしたら私はそういうものしか今食べれないのかもしれない。
もともと、結構食べ物にはこだわりがあり、たくさん食べるよりちょっとだけおいしいものを食べたいタイプで、いろんな料理を試して食べてみたいほう。夕食は子供と食べるのでまあ普通にいただくが、それでもよくありがちな、料理しているだけでもうお腹がふくれる感じもある。
もう少ししたらまたリンゴがおいしい時期になるけれど、今は不毛なので、他の食材を探すのに苦労しているわけ。
最近ちょっと目覚めだしたのはドライフルーツ。最近のヒットはドライトマト。
まあ、そんなわけで肉食系子供の母は、そういうものを漁っているわけ。

話は横にそれたけど、その日スーパーでフルーツ売り場を見たけど、やっぱり並んでるリンゴはどう見てもおいしくなさそうで。。その横にまさに売り出し中のキウイが袋に入れてあって、二種類ある。普通のキウイ10個入り、ゴールデンキウイ10個入り、ゴールデンのほうが、100円高い。ゴールデンだからか・・
子供に「どっちにする?」と聞くと、案の定「私食べない」と(酸っぱいものもダメみたいです)、ということは一人で食べきれないなと、まあ普通のキウイのほうをご購入。

その夜に見た夢。
そのスーパーから私が買わなかった方のゴールデンキウイがずらっと勢ぞろいして、私の家、寝室、ベッドにまで一列に行列している。まるでデモ隊のように。
明らかに抗議活動のようだ。怖い・・ごめんなさい。買わなくて。私が悪かったです。
翌朝子供にこの話をしようとすると、なぜか「もうキウイのことは話さないでほしい」と言われる。さては、あなたも何か見たね。


またうちの子は、コーンもダメである。大概のお子様はコーン好きかと思うが、徹底的に排除しようとする。お子様料理を外で注文すると、なぜかいつもパラっとコーンが上にかけてあるが、それもNGのようで、オーダーの時から親子して「コーン抜きで」と叫んでいるのに、コーンがやっぱりのってきちゃったりして、私が「まあ、いいじゃん、コーン取って後を食べれば・・」とかなんとか穏やかに場を収めようとするのだが、子供はもう本当に憎々しげにコーンを睨みつけていて、そんなことしても、もうこのお料理自体絶対食べませんから・・的になっていて、ウエイトレスさんはその勢いに、非常に申し訳ない状態に陥り「作り直してまいります」となる。(本当に作り直しているかは不明)
ヘンなの・・と思っていたら、最近スピリチュアルな食事関係の本を読んでいたら、「コーンは食べてはだめ」と書いてあった。まあほとんど遺伝子組み換えされているのが理由のようで。まあ私はそんな健康おたくじゃないんで、それでもたぶん私は食べちゃうだろうな・・と思っていて、たまたま子供のコーン嫌いをヒーラー仲間さんと話をしていたら、彼女が「どうしてコーンが嫌いなのか聞いてみて、絶対聞いてみて」とかなり強めに言う。え、単に嫌いなんじゃないの・・と思いつつ、改めて子供に聞いてみると、
「前に、一度食べてみた。すると皮がつぶれて、何かがプチュっと出てきたんだ。それが絶対食べちゃダメと言った」そうです。おいおい、お寿司屋さんで私が頼んだのどぐろのあぶったの、よそ見している間に全部食べておいて、のどぐろさんは何も言わないのかよ・・(それが言わないのです、実はこの手の魚は霊的にちょっと違う意味合いがあるので)

最近とにかく食べ物さんもいろいろ話しかけてきて、うーん、耳は傾けたいのだけど、ちょっと静かに食べさせて・・というのもある。

で、今日何食べる?
≫ "食について" の続きを読む...
瞑想の会しましたー
2010年 09月 13日 (月) 15:10 | 編集
瞑想の会しました・・
うちのクリニックで、パーロン、ミユナ御夫妻を招いて。女性性を中心にしたワークで、
私も途中まで参加しましたが、瞑想中自分の中に水分、潤いが出る感覚を味わい、心地よかったです。

最初に、なぜ私がこの瞑想の会を企画したかを皆の前でシェアしましたが、
ひところ、女性性の時代とか女神の時代とか、そういう流れがあったのは確かなんですけど、私も含め多くの人に、まず「女性性とは何か?」という時点から多くの誤解、誤った思いこみがあり、それらがブロックになっていて、うまく体現できていないと思います。
たとえば「女性性を出すということは弱さにつながる。それは傷つけられるということである」というようなものも大きく存在する。

「あなたにとって女性性とは何ですか?」と自問自答してほしい。意外と本当にはわかっていないのでは?わかっていないことは実現できない。

私自身は、がんばったり、何かを与えようと努力することはなれっこだけど、ゆったりと受け取るということがなかなか難しい。それが私の中の循環を止めてしまい、呼吸を浅くしてしまう。与えることは無限大に与えようとするが、受け取るとなると恐怖で体が硬くなる。そういう自分と直面するのは本当につらいが、それをせずには先に進めないと思うので、まずは呼吸から始めたいと思う。吸うことはくこと、これは受け取り、出すことだから。

また機会を見つけてこのような会をやりたいな・・と思っています。
≫ "瞑想の会しましたー" の続きを読む...
次回“ヒーリング”~お手当て~開催決定
2010年 09月 13日 (月) 14:55 | 編集
月に一度ほど、ヒーラーさんのお手当ヒーリングを開催しています。

※次回は、9/21(火)10:00~17:00頃の中で予約をとっていきます、ご予約は、スタッフの太田さんまで。
(072-926-7554まで)

まあ、難しいことはさておき非常に体感として心地よいものですから、ぜひお試しあれ・・です。気の流れ、血の流れをよくするものなので、どういった方も手軽に受けれるのがいいと思います。

現代医学をやってきて、波動医療の集大成的なホメオパシーをやってきて、私としては別にどちらがいいとか、どちらをとるとかでもなく、どうしたらその両者、まるで相反するもののように見える両者を統合して治療効果を出すか・・っていうのが、この10年来の大きな課題であり、その橋渡しをするものが、このような人間の感覚と言われるもの、それを十分感じること・・感じることを自分に許すこと・・ではないか、という次のステージにきていて、展開している。

現在目に見えないものに対するバッシングが強いようで、そのことに心は傷めるが、正直現在あまりそのことに関心がない。かって現代医学オンリーみたいな医療パラダイム、システムが存在し、その後、代替医療その他が周辺に出てきて・・今後、それらのものがVS、競合したり、排除したりする形で物事が進化するとはまるで思えない。すべてを包括した、次世代の医療パラダイムへと進化するように流れはきている。
かつて「生きる、健康は素晴らしい、病気、死ぬことは恐ろしい」という前提のもとに、多くの診断法、治療法があみだされてきた。そのこと自体は一つの進化であり、科学の発展をみた。しかし、それはもうある意味行き止まりにきている。閉じられたシステムの中の混沌。
そして、この前提は非常に矛盾をはらんでいる。なぜなら皆死ぬからだ。生きるということは死に向かうということで、誰もそれは避けられない。病むことも老いることも避けられない。苦しむことも避けられない。人間ちょっと楽しいことはあるかもしれないが、そんなもの束の間のことであり、永遠に続く幸せというものは存在しない。じゃあ、なぜこのような苦しみの生を受けるのか?それは進化するためである。

ホメオパシーの勉強を始めた時、インドのホメ本を読み漁っていて、「この患者さんはこういうホメ治療で非常によくなった・・そして死んだ」と書かれていて、本当にびっくりした。普通なら「結局死んでるやんか。あかんやん」とか思うだろう。私は今ならこの意味がよくわかる気がする。

生きている間、目の前の苦しみをちょっとでも和らげようと対処療法ばかりをして、ちょっとでもその技術のいいものを探し、すがり、そして本当に死期がくると、それはホスピスに・・もうお手上げですから・・というのは、もう終わり。最初から死ぬことをも包括した進化プログラムとしての医療システムが次に必要である。
白衣
2010年 09月 13日 (月) 14:49 | 編集
子供がガールスカウトでいろいろボランティア活動をして、家でもその素晴らしさを話したりするので、ママも自分の仕事ばかりしてたらあかんな・・と人間この年で自分のことばかりしているのは恥ずかしい感じがして、私も大人のそういった活動を始めました。
国境なき医師団みたいなのに入って、そういう活動を・・と思っていた若かりし頃もあったんですが、今は背負うものも大きくなっちゃって身動きがそうはとれないので、まあ町のそういうグループとかに入って。

うーん、でもみんなすごくお金持ちの人ばかりで、相当気が引けています。働いてはおられるのでしょうが、今はいわゆる不労所得で十分すぎる生活を送られる状態の方ばかりで、私のように朝から晩まで仕事して、子供の世話して・・っていう人はいないみたいで。完全に場違いな感じが。私なんか自分が恵まれていないんじゃ?でも非常に会員の方が親切にしてくださるので、有り難いなと思ったり。ちょっと複雑な気持ち。

先日、ちょっとショックなことが。。仕事終わってから会合に参加することになるので、ラフな姿のまま参加していのですが、「あなた、お金持ちじゃないのね」と言われちゃいました・・・・ハイそうです、お金持ちじゃないです。決して・・その時着てた洋服、キャミソール風インナー298円でした。陳謝いたします。
笑顔でやり過ごした私だけど、後で男性会員たちがフォローしてくれる、してくれる・・
「誰もね、洋服なんか見ていないんだよ。女は知らんが男は。。前回あなたが何を着ていたかも覚えていないんだよ。だから心配ない」
「ボクなんて、先日あなたがショートパンツをはいていた、ってことしか思い出せないんだから・・」(え?じゃあ覚えているんじゃ・・ただ、女性と男性では覚えている個所が違うだけでは・・?)

あああ、ボランティアってまず、自分の着るものからなの??難しいよう・・クリニックでは白衣を脱いだ私だけど、こういうところでは万能の洋服、白衣を着ていたい私である。中に何を着ても百難隠す。
なんと、うちの子もレイキヒーラーに!!
2010年 09月 06日 (月) 19:45 | 編集
前からなんだか、うちのクリニックでは、スタッフが体調悪くなったりすると医者である私に相談しないで、「治して~」と子供のほうに皆行くな・・とは思っていたのです。「何なのよ~」と思いながらも、実際子供がお腹に手を当てたりすると、「ありがとう、よくなったわ」なんてことがあって。。
うーむ、そういうことならきちんと学ばないとかえって怖いことに・・と思い、習わせました。
今度から親子ヒーラーとしてがんばりますんで・・
もう、私は引退してリエママみたいにステージママになろうかな・・

でも、私たち親子の会話はかなりヘンです。
最近も「なんだかお腹が痛いの」と言うので
「どのように?」
「お腹の中からドンドンされている感じで」
「どんな感じ?」
「すごく痛くはないの。なんかいたずらをちょっとされてる感じで」

「うーん、もしかしてアンタ妖精に何か頼みごとしたんじゃないでしょうね」
「え、なんでわかったん」
「妖精にもの頼むと、引き換えになんかいたずらしていくよ。もう頼みごと解除しておくように」
「わかった」
「お腹痛いの治ったわ」
「フン」
にせもの出現?&女寿司
2010年 09月 04日 (土) 08:51 | 編集

肉体改造計画のトレーナーが、「あなたの体の歪みはきついので、整体も並行していくように」とのことで、最近整体に行き出した。評判がよいということで。
体をゴキゴキされながら、「もしかしてあの渡辺先生ですか?」と聞くので、とりあえずどの渡辺先生かわからないけれど「ええ、ううう」と答えると
「十津川に行かれたことありますよね?」
うーん、長い人生一度ぐらい行ったこともあるように思い、
「ええ、たぶん」
「レストラン十津川のマスターが先生きたことあるって言ってましたよ」
え?それどこ?
それにレストラン十津川って。。。その周辺のドライブインとか?
単にマスターの名前?
もしかして、サイン入り色紙とかあるわけ?私の・・

ムギュムギュ押されてうなっているので、それ以上何の返答もできず、時間は終わった。
「今最悪の底辺にいるけど、これからよくなります」とのことで、細木和子的診断もしてもらった。
それにしても底辺長すぎなんだけど、体触るだけでわかりますか・・そこまで。

面白いので続けます。
今夜は娘と女寿司に行きます。女寿司というのは、女性の寿司職人さんのやってるお店が近くにできて、お気に入りなんです。お味はソーソーと言っておきますが、彼女のさっぱりした感じが気に入っています。魚好きの子供と魚勝負してるのを見てるのも楽しいし。彼女がずっと大きな氷に手のひらを当てていて、「何しているの?」「女性は手が暖かいからアカンと言われるんで」と、なんとけなげな・・それに医学的にそんなことないと思うけど。酔っ払いのからみ系おじさんのつっこみをヒラヒラかわしているのもすごい。
でもな~うちの子どんどん、通のおっさん化してきて、怖い。この前も「トロありますか?」「ありますよ」・・彼女が見せたトロを見てから、好物なのに「う~ん、今日はそれはやめとくわ」
なんなんだよ~何を見たんだよ~私はそんなこと一切わかりませんし、教えてもいません!単にビール飲んでるだけで。どこで学ぶんだよ~
あ、女寿司というのは私たちで付けたニックネームね・・
過去のヒーリンググッズ
2010年 09月 04日 (土) 08:49 | 編集
今、過去に学んだ全ヒーリングのおさらい、仕分けをしていて。結構忙しい。
なんかとんでもないものも結構出てくる。趣味のヒーリンググッズというか。
ハハ売れるぐらいあるね。フリマに出店したいぐらい。
中には使い方を忘れているものもあったりして。そしてこういうものすべて本来浄化が必要なので、その管理もしんどいところがある。

昨日は石とかクリスタルを出していろいろと。ひとつひとつまったく違ったエネルギーであることに再び驚く。こういうことに意識してワークすれば感じられるが、普段のあわただしさの中で何も感じられなくなるのは本当にもったいないことである・・
今回、四国の人知れぬ山奥で採取したという非常にパワフルな石をいただいた。ヒーラーのIさんに。どうもありがとう。
見た途端、非常にプリミティブで、グラウンディングするエネルギーの強さに圧倒される。
「これはクリニックに置くといいですよ」とのことで。
去年にオランダのアリツ先生と一緒にトリチュレーションしたocre stone(洞窟の石)とまったく同じ色、形、エネルギー
あの時は、原始的なグラウンデイングエネルギーを参加者皆で体験したものだ。

ただ、ちょっと気になったのは「この石は、グラウンディングにいいけど、性欲をなくす作用があるんです。だから恋人とかパートナーにはあげないほうがいいです。寝室にもおかないほうが」と言われたこと。まあ私は寝室に置いているわけじゃなく、仕事場の自分の椅子の後ろに置いているんだけど、一日半端じゃなくそこに座っているからねえ。なんか気のせいかなあ。
開業してもう17年
2010年 09月 03日 (金) 16:04 | 編集
私が開業してからもう17年になる。
正直まだ若くしての開業だったので、わからないことも多かった。教科書通りの症状で、教科書通りの治療をして治る患者さん、治らない患者さん・・なぜ??
そんなことから私は様々な治療法の探究の旅に出た。
その間、心理療法から各種ヒーリングを学び、ホメオパシーに辿りついたり。漢方、鍼灸といった東洋医学も相当のめりこんだ。
それも、これも「なんとか治さないといけない」という思いからだった。いったい自分は何を目指しているのか、どこへ行こうとしているのか、漢方のマスター、鍼灸のマスター、ホメオパシーの師匠、優れた先生を目標にはしてきたが、「もっと~もっと~」と前へ進もうとする自分が正直怖いぐらいだった。
どこか狂わないとよい治療はできないのか・・そんなことをよく言っている時代もあった。

ごく最近、今のホメオパシー騒動になる前に、ある医者件弁護士さんの講演があり面白そうなので参加してみた。非常にすっきりとした、痛快なお話だった。
「みなさん、医者は患者さんを治す仕事だと思っていませんか?それは大間違いです。医者はマニュアル通りする仕事なんですよ。治そうとして、マニュアル以外のことをしてうまくいけばラッキーですが、うまくいかなければたとえそれが非常に善意で行われたことでも訴訟では負けます」
「みなさんが花粉症などでよく処方する抗ヒスタミン剤の添付文章には、眠気がくるかもしれないので運転禁止と書かれています。禁止ですよ。ということは、処方した際、禁止と申し渡さないといけないんです。気をつけてね・・ぐらいじゃダメなんです。実際、飲んで運転して事故を起こしたケースで、医者を訴えたということが起こっています。これを突き詰めれば、地方の開業医さんとかで、患者さんが100%車に乗らないといけないような場所の先生は、この薬自体処方してはいけないことになりますね」
「治さなくてもいい、できるだけ誤診を避け、マニュアルどおりの治療をするだけでよい」というのは、なんだか肩の荷が降りるような、ガクっと拍子抜けするような。
そんなことなら、医学部の一年生の時に聞きたかった。医は仁術とかあいまいなことじゃなしに。
まあ、でもそんなこと最初から聞いていたら、私みたいな熱いタイプは、別の学部に変わっていたかもしれないけど・・自分の熱をより自由に展開できる場所へ。

私の中ではタスクとミッションは違うので、目前のタスクを通じていかにミッションをやれるか・というところに焦点をあてているつもり。
しかし、今の騒動、論争の中での「医者」「医療」「治す」「治療」って上記のどの定義で話しているんだろうか?皆違う言語を話すバベルの塔みたいだ。
誕生日
2010年 09月 01日 (水) 13:29 | 編集
昨日は私の何回目かの誕生日でした~
子供からはビアマグ、スタッフからはエビスビールとおつまみをいただきました。ありがとうございます・・でも、誰もケーキとかお花とかは考えつかないの?やっぱり私がうれしがるもの・・って、明白なのね。いただいたのが夕方だったので、仕事してる場合じゃないやん、今から飲みたい。。モードと葛藤して、ビアマグをとりあえず冷凍庫で冷やす。

しかし、何かと用事をすませてほっとすると時間はもう1時。ビールを一杯だけ飲んで寝ます。もう9月になってしまったよ。
9月も、いろいろイベントが控えている。
9月7日からクリニックでヒーリング(お手当)開始
11日は瞑想の会
12日はたぶんトランスパーソナル学会に出席
19日はホメオパシー心身医学会総会を地元八尾で開催

です!! 個人的には、9月の抱負は
ハンズオンヒーリングの個人的おさらいと統合
ちゃんと呼吸することと丹田強化
おかたづけ(これは完全に夏のもちこし)
で、がんばりたいです。 遊びも入れながら・・
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。