FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
皮膚のこと
2010年 07月 26日 (月) 14:38 | 編集
うちのクリニックの近くにはたいして自然もないのだけど、お隣のおうちのお庭の木にセミがいて、朝からお昼までミーン、ミーンとすごいんです。でも夏の風物詩で風情があっていいんですけど。毎年、同じことが起こるのに、今年はなぜか「高齢者の朝のセミの鳴き声様耳鳴り」なんじゃないかと、「あの、セミの音すごいよね」とか聞いてしまいました。よかった~本当のセミで・・
夏は早起き、冬は遅起きが人間の体の自然の摂理みたいだけど、本当に私もセミの音で目覚めております。目覚まし不要でいい感じです。ただ、ちょっと外食続きのせいか、胃がきついです。胃が冷えて無力になっているのを感じます。小豆粥がいいと頭では思うのですが、缶ビールに手を出してしまうと、もうお粥どころではないお腹になってしまい~~

最近熱中症で倒れる方が多いですが、臨床の場でも熱中症寸前の方が来られて驚きます。私自身昔と違いずっと院内で過ごし、エアコンが「がんがん」に効いていますので、まず汗をかきません。そして、そういう生活を長く続けているので汗のかけない体になっています。子供のころ学校帰りに、汗ダラダラになって、帰るやいなや麦茶をがぶ飲みしたころとは体が違うのです。ですから、たまに診察の合間に、ちょっと歩こうと、近所の大型ショッピングモールまで歩いても、「熱いな」とは感じますが、通りを歩く人のような汗を一切かきません。(かけません)こういう人間が、いきなりすごい熱い処に放置されたら、大変です。熱は体内にこもり、汗でその熱を発散できないため、ものすごい苦しみが起こります。ちょっと前に、うっかりと海辺で本を読み転寝した後、悪寒と発熱を繰り返し、年甲斐もなく日に焼けてしまい「ああこれが熱中症なのね」と実感しましたから・・
また、アトピーの方など、皮膚が正常な機能を果たせない方も、同様で「エアコンはいれない。汗をかいたほうが健康的だと聞いたから」と言われる方もおられますが、それはもともと皮膚が健康な方の場合であり、エアコンもドライぐらいにしておかないと、そういう方の皮膚表面にどんどん熱がこもり、皮膚症状はますます悪化することが。
ちなみに、「汗をかくことはいいことだ」というような発想がありますが、これは健康的な子供の場合であり、大人で普通以上に汗をかいたり、寝汗をかくのは、健康ではなく不健康の証で、汗が皮膚からもれだしているということで、皮膚を健康的にひきしめる必要があるんです。

たまには、皮膚科的なことを書いてみました・・昨日は天神祭で、結構その近くをウロウロしていまし。たくさんの浴衣カップルがいて、うちわと浴衣デートって、結構定着しつつありますね。何年か前に天神祭に行って、閉所恐怖症の私はもう二度と行かないことを決意したので(だって、商店街の中5cm刻みに前進するしかないぐらい混んでいて、後退もできないんですよ。怖いです、これでドミノ倒しでも起きたら・・とか)昨日は行きませんでしたが、地元の夏祭りには浴衣でも着てみようかな・・と。うちの地元の盆踊りはすごいんです。なんせ河内音頭発祥の地ですから。
スポンサーサイト



copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...