FC2ブログ
補完代替医療、統合医療について、治療風景、セミナー情報、ホメオパシー、セラピー、愛娘、愛猫♪などなど
代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと
妄想クラブ
2010年 07月 24日 (土) 14:46 | 編集
最近会合で、夜に市内に出ることが何度かあり(念のため、これは仕事で、夜遊び編とは違いますんで)、乾杯ぐらいしないといけないので、帰りはタクシーになることが多いんです。
カンパリソーダでちょっとポ~とした頭で、いつも信号待ちでつかまる交差点で、ふとネオン街の上方を見上げると、ビルの何階かに「妄想クラブ」という文字が・・明らかに私なんか行ってはいけない、およびじゃない雰囲気のお店のようですが、気になるお店っていうのは、あるんですよね。
妄想って言葉は、ホメオパシー、とくにラジャンサンカラン率いるボンベイメソッドにおいては治療において非常に重要なポジションを占める人間の要素であり、通常言われる精神の少し認知の歪んだ状態とはまた違う概念として、我々ホメオパスはとらえているんです。たとえば「私はAさんに嫌われている」というのは、もしかしたら真実かもしれないが(それも真実かどうかはかなり疑わしいが)「私は男性全員に嫌われるのだ」となれば、それはまがうことなき妄想となる。このような妄想は人間の自由な感情、自由なエネルギーのあふれ出しに対し非常に歯止めをかけてしまう。この考えにとらわれたら、もうその枠の中でしか生きていないと言えるだろうね。しかし、妄想をまったくもたない人間は存在しないというか、いつもリアルに真実今ここにだけ生きれている人がいるとしたら、その人はもう解脱した人だとも思うのですよね。ラジャンのボンベイのセミナーで、「じゃあ愛とかいう名前のつくものも全部妄想じゃん」という話になり、「僕は君を愛しています」「私もあなたを愛しています」と合意に至ったように思えていても、それはお互い全く違う思い込み、妄想の範囲の中での愛であり、同じ愛を分かち合っていると思えば、それは大いなる間違いである・・ということはたいてい愛が破たんしたとたんにわかるものでしょう。こんな話をしていたらドイツ人精神科医が頭を抱えて「so, what is love?」とうめいたのが印象的でした。

ま、話は戻って妄想クラブ・・です。たぶん、ですが、そういう場所での男女の出会いというのは、妄想そのものというか、虚構のものなんかな・・と思っていたのですが、「妄想クラブ」なんて開き直った名前をつけられちゃった暁には、フーンと考え込んじゃって、「妄想を妄想と認めたのなら、それは逆にリアルなんじゃないか」とか。。そんなこと考えているうちに車は家に着きました。誰か行って、どんなんか確かめてきてくれません?気になって。
スポンサーサイト



真夏の夜遊び
2010年 07月 24日 (土) 09:09 | 編集
たまりにたまった書類の整理を家でしてたら・・「もうイヤ!!」って気持ちになって、
昨夜(22日)はひさしぶりに夜遊びに。ちょうどブルーノートで、私好みのアーティストが・・
行ってきました。
その前に、よくいくお店Wで、さくっと野菜をいただきました。このお店はほぼカウンターだけで、かわいいお姉さんが着物の上に割烹着といういでたちで、ちょっとコスプレはいっています。先日の選挙に立候補された某候補者の写真、驚きました。着物に割烹着、あの髪形。なんなんでしょう?男性心をつかむってことでしょうか?ちょっと許されへん感じやったけど、このお店のお姉さんたちは女の私にもかわいいんよ。お客さんも、さびしき独り者男性がかなり多いようですが、場所柄品よく食べてはります。ほとんど常連さんで、お姉さんとちょっとしたトークで癒しを得てはるようです。
こういうところで飲み食いする私は、やっぱりちょっとおっさんはいっているんでしょう。

新地をずっと抜けて、ハービスのほうまで歩く。う~ん、今夜はやたら浴衣姿のお姉さんが多い。天神祭にはまだ早いのに。あっ、そうか・・お店のお姉さんのキャラなんか・・でも新地で浴衣って?そういうご時世なんでしょうか。やっぱ夏は暑いし。そんなこんなで、ブルーノートへ。

本日のアーティストはマリーナショー
タイトルは 「who is this bitch, anyway? 」…ええんですか、こんなタイトルで・・いいんですbitchで。今は子供はキャンプで独り者なんで。
お気に入りはやっぱ、「feel like making love」…ええんですか、こんな曲聞いてムーディーになって・・いいんです。夏だから。

帰りはタクシーにガンと飛び乗って、「八尾まで最短で行って」と。やっぱりおっさんやんか。
レイキ:無料体験会!
2010年 07月 24日 (土) 09:05 | 編集
7/22、ひさしぶりの一日休日で、ピーカン晴れで、何をしようかな?という感じ。
ワーカホリックなんで、一日ヒマだとかえって落ち着かないんです。

お昼にレイキやエソフィックレイヒーリングをされているヒーラーのYご夫妻が訪ねて来られる。今後の医療現場とヒーリングのコラボをともに語り合う。いろいろ具体的な案やお互いの宿題など出るが、終始なんだかワクワクと楽しい気持ち。やっぱり、ワクワク楽しいことがいいよね・・私がかねがね、一家に一箱応急用レメディーキット・・と言っているように、家庭内に「病気になればすぐ医療機関に走る」以外の何か手当てする方法があればいいよね、それがやっぱり家族の自己治癒力を信じ、促進する方法であればいいよね・・というコンセプトをレイキも見事に満たしていると思う。もちろん重症なら医療機関は必須のものだけれど。
それに、昔ながらの「手当て」の感覚があるのもいい~うちの子なんて、おなか痛くても「このレメディー飲んどきな」って感じだけど、やっぱ、お母さんが温かく手を当ててくれるという感覚は極上、究極のヒーリングなんじゃなかろうかね~
そういった根本のものを再度医療現場に取り入れたい・・っていうのが私の、私たちの願いなんだ。


・一家に一人は手当のできる人を作る、啓蒙していくこと。
・医療機関で、疾患のある方にレイキも補助療法として取り入れてエビデンスを出してゆくこと。

当面はしっかり、この二本柱からぶれないようにやっていきたいと思っている。

8月29日(日曜日)当院クリニックにて、無料レイキ体験会を行います!!詳しくは「クラシカルホメオパシークリニック」の太田さんまでご連絡をください。
また9月4日(土曜日)か9月11日(土曜日)に、(どちらかは決まり次第また告知します)夕方6時から瞑想の会をします。これもクリニックで。
医学会でのこと
2010年 07月 24日 (土) 08:58 | 編集
最近また、普通の医学会にも行くようになったんだけど、7年ぐらい前に普通の医学会に行くのは、もうやめようと思ったことがあった。関西の皮膚科関係のちょっとこじんまりした学会に行った時のことだった。

なんとか大学とかすごい権威であられる先生たち、重鎮が多数おられ、おおむね、彼らの管轄下の医療機関における臨床発表が多かったように記憶している。しかし一つだけ異色の発表があった。個人のクリニックで、アトピーに温泉治療を施し好結果が得られたというものだった。実験報告ではなく、臨床経験の報告であり、私自身は「そういうこともあるね」と受け止めたし、実際過去にアトピーの温泉治療を自分なりに経験、洞察してみて、私なりの手ごたえ、温泉水自体の効果というより、他のものがもっと好結果を出しているという仮説も立てていたので、興味深かったし、そういう代替医療をこのようなお堅い学会で発表される姿に陰ながらエールを送りたい気持であった。
しかし・・彼が発表を終わった途端、会場は火をつけられたようになり、重鎮たちは敵をたたきのめすかの如く、「このような研究は大学病院などでしっかりとデータをとってから述べるべきだ」と、発表そのものを否定するような勢いであった。「全否定」という言葉が私の頭に浮かんだ。
私はそれ以降、この会には出ていないが、抄録だけは来るので目を通しているが、その後その先生の発表は見られないように思う。
このようにして、代替医療はアングラにならざるをえないのね・・

あれから約10年経ち、心身医療学会総会でもホメオパシーの演題が増え、時代は変わりつつあることは実感するが、これから医療はどこへ行くのか、がん細胞を切り捨てるように異端を切り捨てるという流れではなく、オープンで包括的な医学会へ方向が向いていくことを、医療現場の末端を担う身として切望する。
我々の役目とは
2010年 07月 24日 (土) 08:54 | 編集
ルークラインのセミナーで彼もコメントしていたし、私も強くこのことを感じている。

患者が本当に治ることは、より自由、フレキシブルになること・・こういう定義は私がずっと提唱してきた、ボンベイメソッドのホメオパシーを学ばれている方ならよく慣れたコンセプトだと思う。
しかし、このことをどれくらいわれわれ臨床家、ホメオパスに許しているだろうか?
不自由で、フレキシブルでない臨床家に人を本当に自由にできるのだろうか?

我々の役目は、
「病で命を落としそうなわが子を抱え、なんとか助けてくださいとすがる母親の気持ちにどこまで答えられるか」というヒューマニティーに尽きると思う。そこに根差したことなら別にメソッドにこだる必要があるのだろうか?我々は別に「現代医学が正しいことを証明する」とか「ホメオパシーのこの方法が正しいことを証明する」ということが究極の目的ではない。このヒューマニティーこそが目的であり、ホメオパシーはそのツールの一つにすぎないのでは?確かにひとつのメソッドをシステムとして根付かせるために、できるだけ科学的エビデンスを備えるということは重要なことだが、大事なことを忘れてはいけないと、自分に言い聞かせる今日この頃である。
ルークラインセミナー終了!
2010年 07月 24日 (土) 08:51 | 編集
ルークラインセミナー盛況のうちに終了しました!!みなさんありがとう!!
17,18,19日と京都山科でカナダのルークライン先生を招いて、アスペルガー、ADHD領域の子供たちのケースを中心にセミナーをしました。2つもライブケースがあり、本当に盛りだくさんだったです。私も3日間、大阪から山科へ通勤で、第二京阪がなければこの連休の渋滞でどうなることかと思いましたが、梅雨明けのすっきりした夏晴れのすがすがしい空のもと、非常にリラックスし、楽しく三日間を過ごしました。
オーガナイズし、通訳していると、まあ仕事なんですが、講師と息があわなかったりすると、ちょっとストレスフルになっちゃうんですけど、今回は非常にスムーズで楽しめました。

ルーのケーステーキングのすごさは、その洞察力のすごさに尽きるのだけれど、そのベースにあったかいヒューマニティーがあるということ。また膨大なマテリアメディカの知識、それを分類して理解しているすごさでしょうかね。今回もまざまざと見せつけてくれましたよ。セミナー前にルー御一家と食事したときも、わが子は本当に寿司好きで、ものも言わずワシワシ食べだして、それをじ~と横目で見ていた彼が「うまいか?」と聞いてて、子供は口に寿司をいっぱい入れたままうなずいていて、その後彼とちょっと子供のことを話していて、「どっちかと言うと、うちの子は他人とのボーダーもなくフレンドリー過ぎるからphosphorusじゃないの?」みたいなことを私が言うと、「いやあ~あの食べっぷりはcarbon」とか言われまして・・・ああ、おちおちと一緒に食事もできんな~という怖さが。(ちなみに、phosphorus,carbonというのはホメオパシーのレメディーの名前で、これらはタイプのことを言っていて、うちの子のレメディーそのもののことではございません)
私も彼といる間、ずっと昼間はリンゴ、チーズ、ナッツしか食べてませんでしたので・・絶対、絶対に、「この人のレメディー・・」って思っているやろうなと思っていました。なぜかこの一年ぐらい、こういう食べ物ばかりにはまっているんだけど、友人に「あんたはリスか?」と言われて、そういえば硬めのものばかり食べてるなと、こういう食物は皆求心性が強く、グラウンディング力を強めることが多いよう。フワフワしちゃってる昨今の私は必要としているのかもね。ずっと青森からおいしいリンゴを取り寄せて、冷蔵庫をあけると、山ほどリンゴが・・というぐらいヘンな冷蔵庫なんですが、夏はリンゴがまずくなり困りますう~
食べ方、好きな食べ物、すべてその人を表すんだな・・と改めて感じる今日この頃。
copyright (C) 代替医療 - 補完医療 - 大阪の皮膚科医 ドクター奈津のひとりごと all rights reserved.
designed by polepole...